このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
使用後の「使い捨てカイロ」活用法

そのまま捨てたらもったいない!使用後の『使い捨てカイロ』を超便利に再利用できる方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月21日

寒くなると「使い捨てカイロ」は必須アイテムですが、使った後はどうしていますか?そのまま捨てる人も多いと思いますが「ただ捨てるだけ」は非常にもったいないんです。今回は、捨てる前に試してみたい、使い捨てカイロの超便利な裏ワザをご紹介します。

  

1. 「使い捨てカイロ」がまさかの消臭剤に大変身!

「使い捨てカイロ」がまさかの消臭剤に大変身!
今回紹介する裏ワザは、使い捨てカイロを「消臭剤」として再利用する方法です。 使い捨てカイロの中には「活性炭」が入っており、活性炭は消臭効果だけでなく除湿効果もある優れものなんです。

2. 消臭剤の作り方は、とても簡単!

消臭剤の作り方は、とても簡単!
使用済みの使い捨てカイロとクッキングシート、空きビンとラップを用意します。空きビンがない場合は、平たいお皿でも大丈夫です。
作り方は、とても簡単。
  • クッキングシートを出し、十字に折り目を入れる
  • ラップを敷いた上にクッキングシートを置く
  • 使い捨てカイロを開けて、中身をクッキングシートの上に出す
  • 中身をビンに移して、完成
不織布パックのまま移し替えても問題ありませんが、クッキングシートに折り目をいれて使うことで、中身をこぼさず簡単に移し替えることができますよ。

3. おすすめは、中身を移し替えること!

おすすめは、中身を移し替えること!
今回は、使い捨てカイロの中身を空きビンに移し替えてみました。不織布パックごと置いておくのもありですが、移し替えることで、より消臭効果を大きくすることができますよ。

結論

使用後の使い捨てカイロは、捨てる前に再利用できることが分かりました。我が家は消臭剤として活用し、パントリーには不織布パックの状態のもの、よく目につくトイレにはビンに移し替えたものを置いています。
なお、一般的な消臭剤などと比べると、消臭効果の持続性は短いので定期的に取り替えるようにしましょう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧