このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
納豆と箸

納豆を毎日食べると体がどうなるか知ってる?意外と知らない体への影響とは!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月22日

日本人の食卓に並ぶことも多い納豆は、ご飯のお供にぴったりだ。納豆は、毎日食べることで、体にどのような影響を与えるか紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 納豆の効果

大豆と納豆
納豆は発酵食品として知られている食べ物だ。大豆から作られているが、大豆をそのまま食べるよりも発酵させた納豆のほうがタンパク質の吸収が高められる。また、大豆にはない「ナットウキナーゼ」という栄養素がプラスされる。腸内で善玉菌を増やす効果が期待できる栄養素だ。加えて、良質なタンパク質、ビタミン、食物繊維、イソフラボンなど豊富な栄養素が含まれている。

2. 納豆ダイエットについて

わらと納豆
納豆は、ダイエットに効果的だといわれている。一日1パックを目安に、毎朝食べることで、腸内環境は整えられ便秘の解消に役立つ。腸内環境が整えられることで、体に余計な脂肪をためにくくなるため、ダイエットによい効果をもたらすだろう。また、納豆はカルシウムの吸収促進に役立つ。カルシウムは不足すると、体脂肪を増加させる可能性もあるため、ダイエットには適している。

3. 納豆を毎日食べるには

納豆とキムチ
納豆を毎日食べるには、一日1パックを目安にほかの食材と組み合わせて食べるとよい。納豆は毎日食べると飽きてしまうこともある。しかし、他の食材と食べることで味変にもなるだろう。ダイエット目的で食べる際は、キムチがおすすめだ。キムチに含まれているにんにくは血栓ができにくい作用があるが、納豆には血栓を溶けやすくする作用がある。そのため、キムチと納豆を食べることで相乗効果が期待できる。

結論

納豆には、タンパク質・ビタミン・食物繊維・イソフラボンなど豊富な栄養素が含まれている。大豆のまま食べるよりも、発酵させた納豆はより豊富な栄養がプラスされているものだ。便秘解消にも役立つため、ダイエットにもおすすめの食べ物である。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧