このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メガネを拭く手

『石鹸で洗う』は厳禁!?眼鏡を傷めずキレイにする「正しい洗い方」って?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月24日

眼鏡は皮脂やホコリで汚れやすい。そのため、清潔に使用するためにはこまめに洗うことが望ましい。そこで今回は、眼鏡が汚れる原因を探るとともに、正しい洗い方も詳しく紹介するので参考にしてほしい。

  

1. 眼鏡が汚れる原因とは

傷ついたレンズ
主な原因となるのは皮脂汚れ。手や顔が触れることでついてしまうためだ。化粧品の油汚れや整髪料なども付着しやすいので気をつけたい。そのほかには、ホコリや花粉も汚れの原因となる。そのため一日1回は眼鏡を洗いたいところだ。

2. 眼鏡の正しい洗い方

メガネにスプレーを吹きかける人
まず洗剤を使わない洗い方から解説しよう。
  • 水道水で汚れを洗い流す
  • 柔らかい布などで水気を拭き、メガネ拭きで磨く
中性洗剤を使用した洗い方は次の通りだ。
  • レンズに中性洗剤を1滴落として指でこすり洗いする
  • 水道水で洗い流し、水気を拭き取る
  • メガネクリーナーや曇り止めを使って仕上げる

3. してはいけない眼鏡の洗い方

石鹸
石鹸やハンドソープで洗うのはNGだ。これらの製品はアルカリ性や弱酸性のものが多く、レンズ表面のコーティングをはがしてしまう恐れがあるのだ。洗剤は中性洗剤を使うようにしよう。また眼鏡は熱に弱いので、お湯で洗わないのも重要である。

結論

眼鏡は皮脂などで汚れやすいので、一日1回を目安に洗っておこう。軽い汚れなら水道水で洗い、汚れがひどい場合は中性洗剤で汚れを洗い落としてほしい。なお石鹸やハンドソープを使うのはNGなので注意しよう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧