このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
バナナ

バナナと「アレ」を一緒に食べると腸が詰まる原因になるって本当?絶対に避けるべき【最悪の食べ合わせ】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月21日

バナナは季節を問わず、さまざまなシーンで食べられている果物だ。手軽に栄養が摂れるため、朝食などに食べている人も多いかもしれない。身近な食べ物であるバナナだが、食べ合わせが悪い食材はあるのだろうか。実は意外なものと相性がよくないともいわれている。そこで今回はバナナの食べ合わせについて紹介していく。

  

1. バナナと食べ合わせが悪い食材

お皿に盛られたナッツ
一般的に消化管を通過する速度が違うものを一緒に食べると、腸を詰まらせる原因になるといわれている。ただし、この考えは医学的根拠があるわけではないため、あくまで考えのひとつとして知っておくのがいいかもしれない。バナナと消化管を通過する速度が異なるものは、ナッツ、穀類、大豆製品などだ。そのため、これらの食材は食べ合わせが悪いと考えられている。

2. バナナと一緒に食べたい食材

ヨーグルトとスプーン
では、その反対に食べ合わせがいい食材は何なのだろうか。バナナに合うのはヨーグルトだ。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、バナナの食物繊維やオリゴ糖と組み合わさることで相乗効果が期待できる。

3. バナナとヨーグルトの整腸効果

バナナヨーグルト
バナナに含まれている食物繊維やオリゴ糖は消化されにくい性質がある。腸内までたどりつくと、そこにとどまり乳酸菌のエサになる。乳酸菌には整腸作用があり、便通を改善したり、便秘を予防したりする効果が期待できるのだ。さらに食物繊維も便通を促すため、高い整腸効果が期待できる。

結論

ナッツや穀類、大豆製品はバナナと食べ合わせが悪いとされているが、科学的・医学的な根拠があるわけではない。それに対して食べ合わせがいいとされるヨーグルトには栄養面から大きな効果が期待できる。便通で悩んでいる人はぜひバナナとヨーグルトを一緒に食べてみよう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧