このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベージュのカーテンの部屋

不要になった「カーテン」をまさかのアレに再利用!?カバーだけじゃない『カーテンの得する活用術』

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月19日

カーテンは丈夫な素材でできているため、さまざまなものに再利用することができる。古いカーテンはそのまま捨ててしまうのではなく、いろいろなものにリメイクしてみよう。そこで今回は、カーテンの得する活用術について解説していく。これからカーテンを買い替える予定がある人は、ぜひチェックしてほしい。

  

1. カーテンを再利用する前に

青空とカーテン
カーテンを再利用する場合、まずは洗濯表示に従って洗っておこう。洗濯機でOKな場合もあるし、手洗いが必要な場合もある。きれいに洗えば、さまざまなものに生まれ変わることが可能だ。 カーテンは普段から紫外線にさらされているため、生地が傷んでいることも多い。少し引っ張ってみて生地が弱っている場合は、洗濯ではなく手洗いしたほうがいいだろう。

2. トートバッグにリメイク

白と黒のトートバッグ
カーテンは生地が厚いため、トートバッグにリメイクするのに向いている。丈夫な生地なので、重い荷物を入れても壊れる心配もない。もともとの柄がかわいければ、子ども用に作ってあげてもいい。荷物がたくさん入るし、子どもにも使い勝手がいいはずだ。

3. エプロンにリメイク

白いエプロン
カーテンの生地はエプロンとして使うのにも向いている。腰に巻くタイプのエプロンならば、初心者でも簡単に作ることができる。100円ショップなどでヒモやベルトを買えば、ほとんど手間なくエプロンにリメイクできるはずだ。生地が大きいので、親子でおそろいのエプロンにすることもできる。

結論

新しいのを買ったからといって、古いカーテンをそのまま捨ててしまうのはもったいない。カーテンは生地が丈夫で大きさもあるため、さまざまなものにリメイクできる。カバーにリメイクするのが定番だが、トートバッグやエプロンなども作れるため、ぜひチャレンジしてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧