このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
『卵の殻』の再利用

この発想、天才すぎ!いつも捨ててた『卵の殻』をまさかのアレに再利用!?知って得する【便利な活用術】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月24日

すぐに捨ててしまいがちな卵の殻だが、実は再利用できる。この記事では卵の殻を使った掃除方法やガーデニングといった活用アイデアを紹介しよう。すべてゴミにするのはもったいないくらいなので、生活に役立ててみてほしい。

  

1. 卵の殻を再利用する際はサルモネラ菌に注意する

卵の殻を再利用する際はサルモネラ菌に注意する
卵の殻を再利用する活用術を紹介する前に、サルモネラ菌の存在を知っておいてほしい。摂取してしまうと発熱・下痢・腹痛といった症状を引き起こす菌で、鶏の腸内などに生息している。もちろん卵は出荷時に殺菌されているが付着している可能性はゼロではない。75度以上で1分以上加熱するとサルモネラ菌が死滅するとされているので、再利用する時は心がけよう。また、仮に殺菌を行ったとしても、触った後は石鹸で手を洗うことを忘れずに。

2. 卵の殻を再利用するアイデア『掃除』

卵の殻を再利用するアイデア『掃除』
卵の殻は掃除や洗濯で再利用できる。
・砕いて研磨剤にする
フライパンの焦げ付きやカップの茶渋が卵の殻でキレイになることがある。粉々に砕いてから汚れにふりかけ、スポンジで擦ってみよう。しかし傷がつくことがあるため、大切な食器に使うのは控えた方がよいだろう。
・炭酸カルシウムが漂白剤の代わりになる
卵の殻の主成分である炭酸カルシウムには漂白剤のような効果が期待できる。汚れた布巾と卵の殻を10分ほど煮沸してみよう。

3. 卵の殻を採用するアイデア『ガーデニング』

卵の殻を採用するアイデア『ガーデニング』
ガーデニングでも卵の殻は再利用できる。植物を育てている方は試してほしい。
・砕いて肥料として撒く
卵の殻を砕いた物は、実際に肥料として売られている。乾燥させて粉々にした後、土に混ぜてなじませよう。また、成分の炭酸カルシウムが酸性土壌を中和する働きも期待できる。
・キレイに割るとプランターとして使える
卵の殻をプランターにするのも再利用アイデアだ。カイワレ大根や豆苗などを植えて、卵パックに並べて育てるとおしゃれな感じになる。

結論

卵の殻は掃除やガーデニングなど多くのシーンで再利用できる。イースターエッグやアート作品にするといった使い方もよいだろう。しかしサルモネラ菌のリスクがあるため、再利用する際は必ず煮沸と手洗いを心がけてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧