このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
木に実っている柿

柿は「アレ」をして保存するだけでグッと長持ちするってホント!?おいしさも変わらない驚きの保存方法って?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年11月25日

柿といえば、秋の味覚のひとつである。かための柿が好きな人もいれば、熟してやわらかくなった柿が好きな人もいるのではないだろうか。好きなタイミングで食べられるよう、未熟な柿をやわらかくする方法や、新鮮に保存しておく方法を紹介しよう。

  

1. 未熟な柿を保存するときの「アレ」

カキ
まだ食べ頃ではない柿は、ヘタが下を向くようにポリ袋に入れて口を閉め、直射日光が当たらない涼しい場所で保存しよう。 未熟な柿は常温で保存すると成熟が進む。 柿は収穫されてからもヘタの部分から呼吸をしていて、呼吸によって柿の中の水分が逃げてしまい鮮度が落ちる原因になってしまう。 しかし、ヘタを下にして保存することで呼吸量を制限できるので、乾燥を防ぎながらゆっくりと成熟させることができる。 早く柔らかい柿にしたいときはりんごと一緒にポリ袋に入れるといい。

2. 熟した柿を保存するときの「アレ」

野菜室
すでに食べ頃の柿は、キッチンペーパーをヘタの大きさに合わせてカットし、ヘタにかぶせてラップをする。 ラップした柿をヘタが下になるようにポリ袋に入れ、口を閉めて野菜室で保存しよう。 柿は密閉して低温で保存することで、食べ頃の状態を維持できる。 ぬらしたキッチンペーパーをかぶせておくことで乾燥を防ぎ、シャキシャキの食感を残すことが可能だ。 スーパーで販売されている柿は食べ頃であることが多いので、買ったけどすぐに食べない場合はこの方法で保存するのがおすすめだ。

3. 熟しすぎた柿はジャムに

柿ジャム
柿が熟しすぎているときや、あまりにもたくさんあるときにはジャムにするのはいかがだろうか。 皮をむいて小さく四角く切った柿、柿の重さに対して30%の砂糖、柿約250gに対してレモン大さじ1を一緒に鍋に入れる。 沸騰するまで煮たら弱火にしてさらに煮詰める。 弱火で煮詰めているときにはときどきかき混ぜよう。 柿がやわらかくペースト状になったら柿ジャムの完成だ。 煮沸消毒したビンに入れて保存しよう。 パンにぬったり、ヨーグルトにいれたり、クラッカーと一緒に食べても美味しそうだ。

結論

柿は収穫後も熟していくが、乾燥して鮮度が落ちることがある。未熟な柿は常温で、熟した柿は冷蔵で保存するといい。どちらの場合もヘタを下にして保存するのがポイントだ。食べるには熟しすぎてしまった柿は、ジャムにすると余すことなく使うことができる。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年11月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧