このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
加湿器なしで乾燥対策

「もっと早く知りたかった…(涙)」加湿器なくても”家にあるアレ”で乾燥対策できる!知って得する『冬のお部屋の加湿方法』とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月23日

冬の乾燥は厄介ですよね。肌がカサカサしてくるし、のどを痛める原因にもなります。そこで今回は加湿器なしでできる乾燥対策をご紹介!家にあるものでOKなので、無駄な出費を防げますよ。さっそくお伝えしていきます。

  

1. 対策その1:寝室に洗濯物を干す

対策その①寝室に洗濯物を干す
寝るときにエアコンをかけておくと、空気が乾燥してしまいます。そんなときは寝室に洗濯物を干しましょう。洗濯物の湿度が分散して、乾燥を防いでくれます。暖かい部屋で干せば洗濯物もすぐ乾いて一石二鳥!

2. 対策その2:真空タンブラーでホットドリンクを飲む

対策その②真空タンブラーでホットドリンクを飲む
デスク周りの乾燥対策には、ホットドリンクがおすすめ。ホットドリンクから立ちのぼる蒸気が乾燥を防いでくれます。真空タンブラーを使うと冷めにくいため、うるおいを長くキープしてくれますよ。

3. 対策その3:コーヒーフィルターで加湿器を自作

対策その③コーヒーフィルターで加湿器を自作
コーヒーフィルターを使って加湿器を作ることもできます。コーヒーフィルターを数枚重ねてコップに入れ、水を注げば完成!
コーヒーフィルターが空気中に水分を分散し、うるおいをキープします。コーヒーフィルターがない場合は、水を入れたペットボトルにタオルハンカチを入れても加湿器代わりになりますよ。

4. 対策その4:マスクをして過ごす

対策その④マスクをして過ごす
コロナ禍ですっかり定着したマスク。マスクをつけると水蒸気が逃げないので、乾燥から口元を守ってくれます。外出時だけでなく、家の中でもそのままつけておくと乾燥対策にぴったりです!

結論

冬の乾燥対策についてお伝えしました。加湿器がなくても、布やペーパー類を使って水分を分散させると乾燥が和らぎます。
加湿器のないところでも使える乾燥対策、カサカサ肌に困っている人はぜひ試してくださいね!
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧