このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
しいたけ

「しいたけ」はこの冷凍方法が正解だった!?1ヶ月も保存可能!絶対覚えたい『旨味を凝縮させる冷凍方法』とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月19日

秋の味覚の代表ともいえるしいたけは、焼いたり汁物にしたりと幅広い食べ方ができる。しかし保存できる期間が短いため、急いで食べ終えることが多いだろう。常温ではあまり保たないしいたけだが、冷凍すれば約1ヶ月保存できる。旨味もアップするので、ぜひ試してほしい。

  

1. しいたけの旨味を凝縮させる冷凍方法とは

発泡スチロールに詰めたしいたけ
しいたけは何もしないと数日でカビてしまうが、冷凍すれば1ヶ月ほど保存可能だ。 さらに凍らせることで旨味を凝縮する効果が期待できる。 方法を解説していこう。

冷凍保存する前の下処理

しいたけは買ったまま冷凍保存できない。 まずは汚れをキッチンペーパー等でキレイに拭き取ろう。 風味が落ちるので水洗いはしないでほしい。 汚れが取れたら傘・軸に切り分け、石づきの部分は廃棄する。

しいたけの冷凍保存方法

切り分けた傘の部分は、そのまま保存袋に入れてしまってもよい。 軸はラップでしっかりと包んでから保存袋に入れよう。

2. しいたけを冷蔵保存する方法とは

しいたけ
しいたけを数日以内に食べる予定であれば、冷蔵保存でもよい。 まずは汚れを拭き落とした後、軸を残して石づきを切り分けよう。 その後、キッチンペーパーに並べて保存袋へ入れる。 傘を下にして冷蔵庫に入れれば、1週間ほど保存可能だ。

3. しいたけは天日干しすると数ヶ月保存できる

干ししいたけ
干ししいたけにすれば数ヶ月間保存できる。 出汁を取るのに使いたかったり、余ってしまったりしたら天日干ししよう。 石づきを切り落とし、傘を下にして置いておくだけでできる。 3日ほど日光に当てるのが目安だが、時期や環境で変わるため乾燥具合をチェックしながら行おう。

結論

常温ではあまり保たないしいたけだが、冷凍すれば約1ヶ月は保存可能だ。 旨味が深まり、味がしみ込みやすくなるといったメリットもある。 天日干しや冷蔵などでも保存できるので、使い方に合わせて適した方法を選ぼう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧