このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
たこ足配線

「この100均アイテム」でゴチャつく配線をまとめてスッキリ!たったひと手間の整理術を教えます!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月12日

室内の配線がゴチャついて、困っている人はいないだろうか。雑多に見えがちなコードは、隠して見た目をスッキリとさせるとよい。子どもや高齢者の転倒事故、ペットが噛むことによる感電事故なども予防できるはずだ。

  

1. 延長コードの正しい使い方

たこ足配線
延長コードは使い勝手がよい反面、無謀なつなぎ方をすると想定以上の電力が流れて発火する恐れがある。家庭で使われるコンセントに流せるのは「最大15A(アンペア)」であることを理解し、複数の家電を同時につなぐのは避けていただきたい。また延長コードが重い家具の下敷きになっていないか、付近にホコリがたまっていないかといった点も定期的にチェックしよう。 感電事故を防ぐために、水まわりの延長コードを使用時以外抜いておくのも大切なポイントだ。

2. ゴチャゴチャとした配線を隠す方法

テレビのある部屋
一時的に使用する家電のコードは、外して収納しておくのが基本だ。おしゃれなかごに入れてフタをしておけば、ホコリの付着も防げて一石二鳥である。外せないコードについては、ソファの裏を通したり観葉植物や小物で目隠しをしたりするとよい。複数のコードがある場合は、結束バンドでまとめればスッキリとするはずだ。

3. 100均アイテムで配線をスッキリとさせよう!

100円均一ショップの店内
100均やホームセンターのアイテムを活用すれば、手軽にコードをまとめられる。フラットモールはいろいろな色があるうえに、延長コードなどの配線を隠せておすすめだ。ほかにも、壁にコードフックを取り付けて配線をはめ込む方法や、複数の配線をコードチューブでまとめるといったアイデアがある。コードの場所や本数に合わせて、適切な方法を選んでいただきたい。

結論

ちょっとした工夫で、ゴチャゴチャしがちな配線をスッキリと見せることが可能だ。転倒事故や感電事故を防ぐためにも、市販のアイテムを使って効率的にまとめてほしい。延長コードの使い方に問題がないかどうかも、あわせて確認しよう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧