このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
地下駐車場

「たったコレだけだったのか…(驚)」難しい縦列駐車が一発で!?知って得する【駐車が上手くなる4つのコツ】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月21日

車の免許を取得して路上に出たら、思い通りに運転できず苦労した経験はないだろうか。とくに苦手意識を持ちやすいのが「駐車」だろう。バック駐車と縦列駐車のコツを紹介するので、運転がなかなか上達しないと感じる人はぜひ参考にしてほしい。

  

1. 駐車に苦手意識を持ちやすいのはなぜ?

ハンドルを握っている男性の後ろ姿
まずバック駐車が苦手だと感じるのは、車体の動きや車幅を認識しにくいためだ。前に進む時とはハンドル操作が異なる点も、難しいと感じるポイントだろう。縦列駐車では、後退しながらの適切なハンドル操作が欠かせない。また狭い場所で行うことが多いので、ほかの車を待たせて緊張することもあるだろう。このように駐車には、苦手意識を抱きやすいさまざまな要因があるのだ。

2. バック駐車の基本手順

駐車場
続いては、駐車の基本手順を解説しよう。今回は、行なう頻度が高いであろう「バック駐車」の手順を紹介する。

【バック駐車の手順(左のスペースに車を停める場合)】

1.駐車スペースに車を寄せる。

駐車したい場所に対し、垂直になるよう車を寄せる。駐車スペースの前端と車の側面の間隔は、50~80cm程度が最適である。

2.車体をコーナーに合わせる。

駐車スペースの中央付近まで来たら、ハンドルをいっぱいに切って進む。左のサイドミラーを見ながら、ほどよい場所で停止してハンドルを戻そう。

3.ハンドルを切って後退する。

ハンドルをまっすぐにしたまま後退し、途中で停まってハンドルを逆に切ろう。ゆっくりと後退しながら、車体が平行になるようハンドルを戻せば完了だ。後退する時は、うしろに人や障害物がないか欠かさずチェックしてほしい。

3. 駐車が上手くなる4つのコツ

渋滞した車の列
駐車のスキルを上げるためのポイントは、次の4つである。

1.狭いスペースに駐車しない。

ある程度慣れるまでは、広い場所に車を停めることが大切なポイントだ。無理に狭いスペースへ停めようとすると、焦ってミスが増えるので注意しよう。

2.ハンドルを何度も切り返さない。

車の位置やタイヤの向きがわかりにくくなるため、ハンドルを切り返す回数は必要最低限にとどめよう。

3.車幅および左右の間隔を常に意識する。

どちらか一方に寄りすぎてぶつけないよう、車幅と左右の間隔を常に意識してほしい。

4.ハンドルの位置(タイヤの向き)を把握しておく。

ハンドルを切り返していると、タイヤの向きがわからなくなりがちである。困った時は一旦停止し、どちらか一方へハンドルをめいっぱい切ってから2回転戻そう。これでまっすぐになるはずだ。

結論

駐車に対して苦手意識を持つ人が多いが、コツさえ押さえればスムーズに停められる。慣れるまで、練習を重ねるのも大切なポイントだ。感覚がなかなかつかめない時は、ネットに投稿された動画などを見て勉強しよう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧