このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
光っている電球

『白熱電球』から『LED』に変えるときの注意点って知ってる?意外と知らないLEDのデメリット。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月23日

照明は部屋の印象を大きく左右する。電球の種類や、電球の色などはそれぞれに特徴がある。今回は、白熱電球からLEDに変更する際に気を付けてほしいことを中心に、電球について解説していく。どのようにして照明を選べばいいのか分からない人はぜひ参考にしてほしい。

  

1. 白熱電球よりもコストが高くなるので注意が必要

電球を見つめるブタの貯金箱
部屋の電気を白熱電球からLEDに買い替える場合、値段に注意しよう。LED電球は白熱電球よりも値段が高く設定されている。LED電球は、白熱電球よりも寿命が長い電球で、1日に10時間点灯していたとしても約10年間は使用可能だといわれている。

2. 電球の種類とは

色々な形の電球
電球には、LED電球、蛍光灯、白熱電球の3つの種類がある。LED電球は、省エネ性能に優れており、寿命が長いのが特徴の電球だ。蛍光灯はLED電球が普及する前に多く使用されていた電球で、低価格で入手できる。最後に白熱電球は、ほかの電球と比べてデザイン豊富というメリットがあるが、熱を持ちやすいことから設置場所には注意したい電球である。

3. 電球による光の色と特徴

かざした手の上で光る電球
照明の色は、電球色、白昼色、昼光色の3種類がある。オレンジ系で暖かい印象の電球色は、リラックスしたい場所に使用するのがおすすめ。食べ物を美味しく見せる効果があるためキッチンなどに使用するとよいだろう。次に、白っぽく太陽の明るさに近い白昼色は、色の影響を受けないので、メイクや服を選ぶ際に使用する部屋におすすめの電球だ。寒色系で青っぽい色が特徴の昼光色は、脳を活性化させる効果があるので勉強部屋など集中したい部屋に最適な電球である。

結論

白熱電球からLED電球に変更する際の注意点や、それぞれの電球の特徴、おすすめのシーンを紹介した。部屋の電気をLEDに変更することで、取り換える際にコストが今まで以上にかかってしまうが、電球の寿命が長く取り換える手間が省けるのが嬉しいポイントだ。電球の色や特徴を参考に、部屋についている電球を見直してみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧