このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
黄色いピーラー

そのピーラーまだ使えますよ。家にあるアレで切れ味が元通り!まさかの【簡単復活術】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月23日

果物や野菜の皮をむく際、ピーラーを使えば簡単だ。ピーラーの刃の切れ味を保つためには手入れが大切だが、どのようなやり方が適切なのだろうか。この記事では、意外なものでピーラーを研ぐ方法や、おすすめのピーラーについて紹介していこう。

  

1. ピーラーを研ぐ際は果物ナイフを活用しよう

果物ナイフ
意外にもピーラーは果物ナイフを使うことで簡単に研ぐことができる。研ぎ方は、果物ナイフの刃とピーラーの刃をこするだけだ。ピーラーの刃は裏と表にあるため、切れ味をよくするには両方を研ぐことが大切である。果物ナイフが自宅にない場合は、100均でも販売されている。

2. ピーラーの切れ味復活にはやすりも効果的

包丁と果物ナイフ
果物ナイフ以外にピーラーを研ぐのに活用できるのが、やすりである。やすりといっても紙やすりとは別の、刃物を研ぐために販売されているものを使う。やり方は、ピーラーの刃をやすりでなぞるだけだ。刃物用のやすりはピーラーだけでなく包丁研ぎにも活用できる。通販でも販売されていて手軽に入手しやすいので、ひとつ所持しておくと便利だ。

3. ピーラーはセラミック素材がおすすめ

野菜とピーラー
ピーラーにはいくつか種類があるが、なかでもおすすめなのがセラミックピーラーだ。 セラミックピーラーは刃が錆びにくく、切れ味が長持ちするのがメリット。また、金属のピーラーで野菜の皮むきをすると金属のにおいが野菜にうつることがあるが、セラミックのピーラーを使えばにおいがうつりにくい。食材につく金属臭が気になるときは、セラミックのピーラーを試してみよう。

結論

ピーラーは手軽に皮むきができ、包丁より安全なことを考えるとひとつは持っておきたいアイテムだ。ピーラーの刃の研ぎ方は、果物ナイフや刃物用のやすりを使い、刃をこすりあわせるだけなので簡単だ。セラミック製の刃のピーラーは、手入れをする手間が少なく切れ味も長持ちするため、ぜひ使ってみてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧