このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
にんじんがおいしく長持ち

「もうシナシナにさせない!」にんじんの鮮度を落とさない保存方法って!?たったひと手間でできる驚きの裏ワザとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月26日

安かったので、たくさん買ってきたにんじん。せっかく購入したけど、いっぺんに使いきれないことってありますよね…。保存しておけば食べることができますが、なるべく鮮度は落としたくないですよね!そこで、長期間鮮度を落とさずににんじんを保存できる方法があると聞いたので検証してみました。

  

1. 洗わずにそのままで!

洗わずにそのままで!
スーパーで売られている野菜だと、出荷前にすでにきれいに洗われているものが多いですね。
もし、手にしているにんじんが土付きの状態なら、土は付けたままで保存しましょう!基本的に野菜は、育った環境のままの状態で保存するほうが長持ちするそうですよ。

2. 新聞紙に包む

新聞紙に包む
湿気がつくと傷みやすくなるので、新聞紙等で包んで保存するのがポイント。水分を吸収する新聞紙やペーパータオルで、1本ずつ包みましょう。
新聞紙等に包んで冷暗所で保存すると、1週間ほどは大丈夫だそうですよ。

3. ビニール袋に入れて保存

ビニール袋に入れて保存
新聞紙に包んだら、乾燥防止のためにさらにビニール袋に入れます。
袋の口は固くしめないで、蒸れを防ぐために軽めにとじておきましょう。
こうして冷蔵庫の野菜室に入れておけば、2週間ほど保存が可能だそうですよ!

結論

にんじんをビニール袋に入れて、2週間ほど保存してみました。
その後、炒めものに使いましたが、湿気た感じもなくおいしく食べられました!また、黒ずんでいる箇所もなかったので、新聞紙とビニール袋の効果があったのだと思います。
にんじんを新聞紙に包んで冷蔵庫で保存すれば、とても長持ちさせることができます。
もし、買いすぎたにんじんがあれば、ぜひやってみてくださいね。

調理師名:新江友基

経歴:調理学校を卒業と同時に調理師免許を取得。その後、カフェ、レストラン、居酒屋などさまざまな飲食店で調理業務やメニュー開発に携わる。現在は、過去の経験から得た知識を活かし、食に関する記事の監修を担当している。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧