このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
菜の花をおいしく茹でる

【旬の菜の花】を一番おいしく食べる方法って知ってる!?意外と知らない正しい茹で方と重要なポイントとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月19日

ほろ苦い風味や歯ごたえが魅力の菜の花。お浸しや辛し和えなど、シンプルに調理される方も多いでしょう。一方で、茹で時間の調整が難しく、風味や歯ごたえがそこなわれてしまうことも。そこで、菜の花をおいしく茹でるコツを紹介します。

  

1. 「茹ですぎないこと」がコツ

「茹ですぎないこと」がコツ
菜の花を美味しく調理するコツは、「茹ですぎないこと」です。
下記で、菜の花をおいしく茹でるためのポイントを3つ紹介します。

2. ポイント1「葉・茎・つぼみ」に分けてカット

「葉・茎・つぼみ」に分けてカット
菜の花は、葉・茎・つぼみに分けてカットしましょう。それぞれの部位で、ゆで時間が違うため、部位ごとに事前に切り分けます。
  • 調理前に、菜の花を10分ほど水にさらしておきましょう。みずみずしく仕上がります。

3. ポイント2 茎から鍋にいれ、すぐに火をとめる

茎から鍋にいれ、すぐに火をとめる
お湯がわいたら、茎から鍋にいれましょう。
茎を入れたら、すぐに火をとめます。太い茎を先に鍋にいれることで、茹で時間を調節できますよ。

4. ポイント3「葉・つぼみ」は余熱で調理

「葉・つぼみ」は余熱で調理
火をとめたまま、葉とつぼみを鍋にいれます。
菜箸で2分ほどかき混ぜながら、余熱でゆっくり火を通しましょう。

結論

茹で時間が少ないため心配でしたが、食感を残しながらも柔らかく茹で上がりました。部位ごとに茹で時間を調節することで、歯ごたえや風味を活かした調理ができます。
菜の花の茹で方をマスターし、さまざまな菜の花メニューを楽しんでみてはいかがでしょうか。色鮮やかな菜の花は、食卓を彩るでしょう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧