このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
白米と箸

白米を美味しく炊くには「氷」が効果的って知ってた?旨味を引き出す正しい炊き方とアレンジ術を徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月12日

白米は炊き方次第でおいしさがアップするのをご存知だろうか。土鍋や高い炊飯器を使わなくても、工夫をすればふっくらした仕上がりにできるのだ。白米の正しい炊き方と、旨味を引き出すアレンジを解説するので参考にしてほしい。

  

1. 白米を研ぐ時にはボウルとザルを使おう

水に浸した米
白米はボウルとザルを使って研ぐのがよい。 ボウルや内釜だけでも洗米できるが、汚れた水が切れないためヌカやゴミを再び米に吸収させてしまう。 一度米をくぐらせ、白くなった水はなるべく使わないようにしたい。

正しい米研ぎのやり方

  • ボウルに水を張り、ザルに米を入れる
  • ザルとボウルを合わせる
  • 指を立て、優しくリズミカルにかき回す
  • キレイな水に入れ替え、同じ手順を3回ほど繰り返す
  • ザルを上げて水切りをする

2. 白米の旨味を引き出すコツとは

白米としゃもじ
炊き方によって白米の味わいは大きく変わる。 使う水やシャリ切りといったコツを解説していく。

軟水のミネラルウォーターやカルキ抜きした水道水を使う

お米を水道水で炊いてしまうと、カルキ臭や鉄サビ臭がする場合がある。 高い水質基準をクリアしているため安心して飲めるが、おいしさを追求するには不向きといえるだろう。 よって炊く時は軟水のミネラルウォーターやカルキ抜きした水道水を使おう。 カルキ抜きは水道水を沸騰させるか、半日ほど汲み置きする方法がある。 また、白米を水につけたら、30分放置してから炊くのがおすすめだ。 芯からふっくら炊きあがるようになる。

シャリ切りをする

シャリ切りとは炊けた白米をほぐすことだ。 行うことで余分な蒸気が飛び、ご飯がベチャベチャになるのを防げる。 しゃもじを使って底から返していき、最後は釜の中心にご飯を寄せておこう。

3. 白米の旨味を引き出すアレンジ術

氷を入れたグラス
白米を炊く時に旨味を引き出せる調味料がある。 味や風味の変化が楽しめるので、試してみよう。

氷を入れると温度の上昇がゆるやかになり、じっくりと炊きあがって甘さが引き立つ。 しかし溶けると水量が増えてしまうため、測って入れないとベチャベチャになる。

みりん

みりんを入れると、ふっくらした新米のような仕上がりになる。 分量は1合に対して大さじ半分と覚えておこう。

炭酸水

炭酸水を使ってお米を炊くと、熱が伝わりやすくなってふっくら炊きあがる。 軟水のミネラルウォーターでもあるため、カルキ臭対策としても有効だ。

結論

白米は研ぎ方や炊き方によって味や食感が変わる。 中でもボウルとザルを使った研ぎ方やシャリ切りは、旨味を引き出す上で重要なポイントだ。 旨味のある白米を食べるためにも、紹介したコツやアレンジ術を実践してみてほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧