このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
家の模型と電卓と電球

一人暮らしなのに電気代が高いって?原因はコレかもよ。まさかの原因と節約術を伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月16日

一人暮らしをしていると、光熱費をできるだけ節約したいと考える人が多いかもしれない。果たして現在の電気代は高いのだろうか、安いのだろうか。そこでこの記事では、一人暮らしの平均的な電気代と節約術について紹介していく。

  

1. 一人暮らしの電気代の平均

ワンルームの部屋
総務省の「家計調査 家計収支編 単身世帯」(※1)を見ると、2022年4~6月の一人暮らしの電気代の平均は月6,333円である。季節によって電気代は変わってくるが、夏よりも冬のほうが高くなる傾向にある。冬のほうが室温と外気の温度差が大きくなるため、電気代がよりかかるのだ。

2. 古い家電は電気代が高い

電気ストーブ
電気代が高くなってしまう原因として、家電が古いことが挙げられる。エアコンや冷蔵庫のような消費電力が大きい家電は、省エネの技術が進歩している。そのため、古い家電のほうが電気代が高くなりやすい。10年以上前のエアコンや冷蔵庫を使い続けている人は買い替えを検討してみよう。

3. 契約アンペアが大きい

電球と電卓と振込用紙
電気を使用する際は、契約アンペアを決める。契約アンペアとは一度に使える電気の量で、この容量が少ないとすぐにブレーカーが落ちてしまう。しかし、大きければ大きいほど基本料金が高くなってしまうため、必要以上のアンペアを契約していると電気代が高くなってしまう。今の契約が適切かどうか改めて確認してみよう。

結論

一人暮らしの電気代が平均よりもかかっている場合、いくつかの原因が考えられる。まずは契約アンペアが適切かどうか確認してみよう。また、家電は新しいほうが消費電力が少ない。古い家電を使い続けている人は、電気代が余計に高くなってしまうため、買い替えを検討しよう。
参考文献
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧