このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
テレビのチャンネル

「リモコンって直せないの…?」突然使えなくなってもコレで復活!【超簡単ガイド】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月18日

リモコンはテレビやエアコンの操作に欠かせない存在だ。それだけに、ボタンの反応が悪くなったり、壊れたりするとストレスになることもある。そこで今回は、リモコンの修理方法を紹介する。

  

1. リモコンが使えなくなる原因

リモコンの電池交換をする手
まず、家電製品本体が故障していないか確認しよう。本体が故障していれば、リモコンを修理しても改善しない。リモコンの電池切れもチェックしたい。リモコンの修理をする前に、電池の残量を確認するか、新品の電池に交換してほしい。そのほか、本体とリモコンの距離が遠いことも効きが悪くなる原因だ。

2. リモコンを自分で修理する方法

色々な工具
リモコンの内部が汚れている場合は、分解して水洗いするのが効果的だ。ただし、水洗いできない場合もあるため必ず事前に確認してほしい。接触不良が原因なら、接触部分を鉛筆で擦ってみよう。鉛筆の芯に含まれる「カーボン」と呼ばれる成分が、電気の通りをよくしてくれるそうだ。その他、基盤を掃除する、導電帯を補修すると直ることもあるので試してほしい。

3. 業者に依頼した場合の修理費の目安

はんだづけをする人
自分で直せないようなら、業者に依頼するのもひとつの方法だ。修理費の目安は、部品代を別にすれば4,500~6,000円ほどである。業者に自宅まで来てもらう場合は、さらに出張費もかかるので、買い替えた場合のコストと比べて判断してほしい。

結論

リモコンの調子が悪くなったら、まず本体の故障やリモコンの電池切れなどをチェックしよう。自分で修理する場合は、本体を洗う、接触不良を直すなどの方法を試してほしい。自分で修理できなければ、業者に修理してもらうか買い替えを検討してみよう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧