このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
寄せ鍋

【もう市販の鍋つゆ買いません。】家で簡単に作れる!旨味溢れる「自家製鍋出汁」の作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月17日

和食に欠かせない要素のひとつが出汁。特に鍋料理は味のベースとなるだけに重要といえる。では鍋料理にはどのような出汁を使うのがいいのだろうか。この記事では、鍋料理の出汁について解説しよう。

  

1. 寄せ鍋用の出汁の基本的な作り方

鍋に作られた出汁
寄せ鍋の定番のつゆといえば醤油出汁。ここでは昆布を使った醤油出汁の作り方を紹介する。
  • 昆布12gをぬらしたキッチンペーパーで拭いて適当な大きさにカットする。
  • 水をカップ10杯を鍋を入れ昆布を1時間ほど浸す。
  • 鍋を弱火で加熱して、沸騰前に昆布を取り出す。
  • 醤油大さじ5杯、みりんと砂糖を適宜入れて味を整える。

2. 鍋の出汁を簡単に作る方法

顆粒出汁
市販の顆粒出汁を使えば、簡単に寄せ鍋用の出汁が作れる。手順は以下の通りだ。
  • 水カップ4杯、顆粒出汁小さじ1杯、醤油大さじ3杯、酒とみりんをそれぞれ大さじ4杯用意する。
  • 材料を鍋に入れてひと煮立ちさせる。
  • 味を整えて鍋の具材を入れて煮込んでいく。

3. 具材別のおすすめ出汁

カニ鍋
冬に美味しくなる蟹を入れた鍋の場合は、シンプルに昆布出汁を使うのがおすすめだ。蟹からも旨みが出るので昆布出汁だけでも美味しく仕上がる。あんこう鍋なら、味噌仕立てにするのがいいだろう。あんこうの肝も入れるのでコクのある味になる。そのほか、鱧鍋なら白だし、白菜と豚肉の鍋なら昆布出汁でも白だしでもOKだ。

結論

鍋料理は具材も大事だが、味のベースになるのは出汁だ。昆布を使って自家製の出汁を作るのはもちろん、市販の顆粒出汁を使っても美味しく作れるだろう。さまざまな出汁を使い分けて、おいしい鍋料理を味わってほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧