このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホイル焼きを作っているフライパン

【ここだけ注意して!】フライパンで『ホイル焼き』を作るときの絶対ルール!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月20日

魚やきのこなど好きな食材を包んで作るホイル焼きは、オーブンやグリルだけでなくフライパンでも作ることができる。フライパンで作るホイル焼きは簡単かつヘルシーだ。しかし、作る際には注意点もあるため本記事で紹介していく。

  

1. ホイル焼きはフライパンを使えば簡単!

鮭のホイル焼き
ホイル焼きをオーブンで作るときは予熱が必要なだけなく、一定温度での加熱で焼きムラができることもある。しかし、フライパンを使えば細かな火の調節が可能なため、好みの焼き加減で作れるのだ。また、水分が外に流れないようしっかりと包めば、フライパンが汚れず洗い物も少なく済むだろう。

一度フライパンでの作り方に慣れてしまえば、ホイル焼きを作るハードルも低くなるかもしれない。

2. フライパンを使ったホイル焼きはヘルシー

フライパン
フライパンを使ったホイル焼きは、簡単なだけでなくヘルシーでもある。 魚や野菜で炒め物を作るとき、フライパンに油をひくがホイル焼きなら必要ない。 そのため、魚や肉からでる、ほどよい脂を残しつつカロリーを抑えることができるだろう。 もし、ダイエット中であっても、好きな食材を使ってヘルシーな食事がとれるのだ。

3. フライパンでホイル焼きを作るときの注意点

ガス火の炎
フライパンを使ったホイル焼きはメリットが多いが、注意点も知っておいてほしい。 もし、家のフライパンが鉄製ではなくテフロン加工なら、ホイル焼きを作る際にコーティングが剥がれる可能性がある。 ホイルを加熱中のフライパンでは、空焚き状態となる部分ができ、高温になりすぎるのだ。 そのため、加熱は弱火で行い、フライパンには少量の水を張るなどの対策をしよう。

結論

フライパンで作るホイル焼きは手間が少なく簡単で、油がいらないためヘルシーだ。しかし、お使いのフライパンがテフロン加工の場合は注意点もある。本記事を参考に、お好きな食材で楽しく安全にホイル焼きを作ってみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧