このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
棚の上を掃除する人

『ホコリがたまる家』の共通する特徴!?これだけ覚えて…【掃除を楽にするポイント】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月19日

掃除する度に、家中ホコリがたまってしまう経験をしたことがある方も多いのではないだろうか。今回は、ホコリがたまる家の特徴や掃除を楽にするポイントについて紹介していく。

  

1. ホコリがたまりやすい家の特徴

ホコリを拭く手
ホコリがたまりやすい家の特徴として、家具同士の間などの隙間が多く掃除しにくい箇所が多い点にある。ホコリは風によって移動するため、風通しの悪い家具同士の隙間はホコリが蓄積しやすい。また、ホコリは軽いため空気にただようが、やがて下に落ちる。そのため、背の高い家具が多い家はホコリがたまりやすく、掃除も行き届きにくい。さらに、ホコリはザラザラとした布製品などに付着しやすいため、布製品が多い家はホコリがたまりやすいだろう。

2. たまったホコリが引き起こす被害

コンセント周りを拭く手
ホコリには、ダニの死骸やフン、カビの胞子などハウスダストが含まれている。そのため、吸い込んでしまうと、アレルギーや呼吸疾患になる可能性も少なくない。健康被害だけではなく、コンセントとプラグの間にホコリがたまることで、発火してしまう危険性もある。ホコリが空気中の湿気を吸い込むことで、漏電する仕組みだ。また、ホコリを放置すると、頑固なシミや汚れにつながるため、気をつけなければならない。

3. ホコリがたまりにくい家にするには?

開け放たれた窓
ホコリは風によって移動するため、こまめに換気することが大切だ。ホコリが付着しやすい布製品を減らして、掃除のしやすい背の低い家具にするのも良いだろう。家具同士の隙間は掃除できる幅にするか、密着させよう。カーテンにもホコリが付着しやすいため、定期的に洗濯することも大切である。

結論

ホコリは、風によって移動するため、風通しの悪い場所が多い家にホコリがたまりやすい。また、布製品にも付着しやすいため、布製品が多い家もホコリが多いだろう。定期的に換気や掃除をして、ホコリがたまりやすい場所を少なくすることで対策できるので、ぜひ試してほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧