このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
お好み焼き

無限に食べられる『白菜のお好み焼き』卵が無くても大丈夫。作り方を伝授します!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月21日

白菜は安価で一玉購入する方も多いのではないだろうか。しかし、使いきれずに冷蔵庫に眠っていることもある。そこで、今回は白菜を使ったお好み焼きについて紹介していく。

  

1. 白菜のお好み焼きの特徴

白菜
白菜には、ビタミンCや葉酸など豊富な栄養が含まれている。クセもなく、鍋や炒めものなど幅広い料理に活用できるだろう。そこで簡単に大量の白菜を消費できるのがお好み焼きである。キャベツを白菜に置き換えるだけで簡単に作ることができるものだ。また、白菜は水分が多いので、お好み焼きに加えることで水々しく仕上がる。また、白菜特有の甘みや旨味を感じることができるのも魅力だろう。

2. 白菜のお好み焼きに必要な材料

焼く前のお好み焼き
白菜のお好み焼き3~4枚作る場合の必要な材料は以下の通りだ。
  • 白菜4分の1(お好みの量でOK)
  • 豚バラ150g
  • ネギの青い部分を1本分(みじん切り)
  • 天かすや桜えびをお好みで
  • 青のり、鰹節、ソース、マヨネーズなど(トッピングをお好みで)
  • 卵1個
  • 薄力粉または米粉を1カップ
  • 片栗粉大さじ2
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 醤油小さじ1
  • 水または出汁を2分の1~1カップ
  • 卵は、長芋や山芋のすりおろしを10cm~15cmほどに代用できる。

3. 白菜のお好み焼きの作り方

お好み焼き
材料をそろえたら、作り方について紹介していく。通常のお好み焼きと作り方は変わらないが、基本的な作り方は以下の通りだ。
  • 白菜をみじん切りにしていく
  • 卵(ない場合は長芋や山芋)、薄力粉、片栗粉、ベーキングパウダー、醤油、水を混ぜ合わせていく
  • 白菜や好みの具材も加える
  • フライパンやホットプレートに油を熱し、生地を流し込む
  • 生地の上に豚バラをのせる
  • 片面が焼けたらひっくり返す
  • 中まで火が通ったらお好みのトッピングをのせて完成

結論

いつものお好み焼きをキャベツから白菜に代えるだけで、いつもとはひと味違うお好み焼きになる。白菜の消費に悩んでいるときなどは、ぜひ試してほしい。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧