このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブーツの紐を結ぼうとしている人

オシャレな男性はもう履いてる!出来る大人を演出する【この冬頼れる超有能アイテム】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月21日

さまざまなバリエーションがある男性向けのブーツは、秋冬のコーデに欠かせないアイテムの一つだ。どのような種類があるのか理解し、オシャレな足元を演出していただきたい。購入を迷っている人は、これを機にゲットしてはいかがだろうか。

  

1. ブーツの基本情報

男性用のブーツ
丈が長い靴の総称を「ブーツ」というが、丈の長さによって呼び方が若干異なる。紐通しの穴が8個以上あるロング丈のものは「ロングブーツ」、比較的丈が短いものは「ショートブーツ」と呼ばれるのが一般的だ。

また、伸縮性が高いゴムを織り込んだ布を用いたブーツを「ゴア系」、紐で編み上げて締められたブーツを「レースアップ系」と呼ぶなど、フィッティングによって分類されることもある。紐ではなく、ストラップとバックルで締める構造のブーツは「ストラップ系」と呼ばれているようだ。

2. 男性向けブーツの定番といえば?

ワークブーツをはいた男性
最もオーソドックスなブーツといえるのが、くるぶしの上くらいまでの長さをした「ワークブーツ」である。デザイン性と機能性を両立しており、普段使いだけでなくアウトドアシーンでも活躍しそうだ。また「チャッカブーツ」も、男性向けブーツの定番といえる。ワークブーツに比べて上品な見た目をしているため、ビジネスシーンでも重宝するだろう。 ほかにも「サイドゴアブーツ」「エンジニアブーツ」「ペコスブーツ」など、さまざまな種類のブーツが存在する。好みや着用シーンに合わせて、ベストのブーツを選んでいただきたい。

3. ブーツ選びのポイント

靴を選ぶ男性
まず着目してほしいのが、ブーツのデザインや色展開である。使い勝手のよさを重視する場合はブラックやブラウン、コーデのアクセントにしたい時はオレンジやグリーンのブーツを選ぼう。素材についてはレザーが定番であるが、種類はそれだけではない。きれいめコーデを好む人にはレザー、カジュアルコーデが多い人にはスウェードやヌバックのブーツがおすすめだ。

サイズ選びに関しては、ジャストサイズにすると足を痛める可能性がある。つま先に、1cm~1.5cm程度の余裕ができるサイズを選ぼう。

結論

男性向けブーツには、さまざまなデザインや素材のものがある。自分の好みや普段のコーデをイメージし、なじみやすいブーツを選んでいただきたい。ブーツ選びに困った時は、お店の人に相談しよう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧