このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベランダからあふれる緑

あなたの部屋見られてるかも…?解決はたったこれだけ!?防犯アイデア集を大公開!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月22日

日常生活において、外部からの視線が気になる場面はないだろうか。近隣住民や通行人の目がとくに届きやすい中庭やベランダには、目隠しを取り入れて家族のプライバシーを守っていただきたい。防犯対策にもなって一石二鳥である。

  

1. おすすめの防犯アイデア

すだれがついた窓
外部からの視線が気になりがちな中庭やベランダには、目隠しを設置するとよい。フェンスやシート、ルーバーなど、手段はさまざまである。和風の住宅であれば、すだれやよしずで目隠しをするのもよいだろう。通気性を確保したい場合はすのこ、一時的に視線をシャットアウトしたい時はシェードや布を取り付けよう。いずれも、ホームセンターやネット通販で手軽に購入できるはずだ。

2. おすすめのDIYアイデア

一軒家のベランダ
DIYが得意な人は、自分なりのアレンジでオリジナルの目隠しを作ろう。たとえば複数のすのこを連結させて、ペイントで好みの色やデザインにしてはいかがだろうか。室外機のカバーも同様にDIYすれば、デザイン性がグッとアップするはずだ。 また、市販のワイヤーネットをベランダのフェンス代わりにするという方法もある。予算を抑えたい人は、100円ショップで道具を手に入れるとよいだろう。カーテンと組み合わせればよりオシャレになるが、風に飛ばされないよう注意していただきたい。

3. 目隠しを設けるメリット

緑溢れるベランダ
一番の魅力は、なんといっても外部からの視線をシャットアウトできる点だ。人の目を気にすることなく、悠々自適にプライベートを楽しめるだろう。また、空き巣などから身を守れることも大きなメリットである。 不審者に目を付けられることがないよう、積極的に目隠しを取り入れていただきたい。高さや強度に注意しながら、ベストの方法で外部からの視線をシャットアウトしよう。

結論

防犯性を高めたり家族のプライバシーを守ったりするために、目隠しは有効な対策である。目的やインテリア、好みなどに合わせて、適切なアイテムを取り入れていただきたい。DIYが得意な人は、ホームセンターや100円ショップで道具をそろえて自作してはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧