このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
生の鶏むね肉

パサパサ鶏むねが圧倒的ジューシーに!簡単に作れる『あの液体』に漬けるだけ。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月22日

鶏むね肉は手頃な値段で買える使い勝手のいい食材だが、パサつきが気になる人が多いかもしれない。鶏むねのパサつきをなくすためにはブライン液が効果的だ。ブライン液を使うと鶏肉がジューシーに仕上がる。ただし、使う上での注意点もいくつかあるため、一緒に覚えておこう。

  

1. ブライン液とは

塩
ブラインとは元々は高濃度の海水のことだ。料理では、長期保存に使う塩水のことを表す。ブライン液の塩分濃度は5%ほどである。最近のブライン液は塩だけではなく、砂糖も加えられている。ブライン液にはさまざまなメリットがあるが、いくつかのデメリットもある。

2. ブライン液のデメリット

ビニール袋に入った鶏肉
ブライン液に漬けておくと鶏肉がジューシーになるが、塩だけのブライン液だと肉がしょっぱくなってしまう恐れがある。塩辛さを和らげるためには砂糖を入れる必要があるのだが、砂糖を加えたブライン液は焦げやすくなるデメリットがある。 ブライン液の効果を十分に発揮させるためには、最低でも2時間以上は漬け込まなければならない。ただし漬けすぎると塩辛くなってしまうため加減が難しいのだ。

3. ブライン液の作り方

砂糖と塩
ブライン液を作る上で大切なのは、塩と砂糖の濃度である。どちらも5%になるように入れないと塩辛くなってしまったり、焦げやすくなってしまったりする。たとえば水200mlに対しては塩と砂糖は10gずつ入れるのが基本となる。

結論

ブライン液と聞くと何か特別な液体のように思えるかもしれないが、水と塩が主成分なので手軽に作ることができる。これに砂糖も加えることで、肉のおいしさがレベルアップするため、ぜひ試してほしい。ただし、漬け込みすぎるとしょっぱくなってしまうため、漬け込み時間には気をつけよう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧