このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
怪しい人影

『空き巣に狙われる共通点』当てはまったらすぐ実行!【今からできる防犯対策】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月23日

どんな家が空き巣に狙われやすいか知っていれば、それに対する対策も可能だ。そこでこの記事では、空き巣に狙われやすい家の共通点について紹介していく。効果的な防犯対策も紹介するため、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 空き巣に狙われやすい一戸建て

一戸建ての門
一戸建ての場合、死角が多い家が空き巣に狙われやすい。また、人通りが少ない場所や、道路から離れている場所も狙われやすいので注意が必要だ。壁や塀などの足場があり、2階に侵入しやすい家も空き巣のターゲットになりやすい。塀が高い家は一見安全のように見えるが、侵入されると外から見えなくなるため狙われやすい。

2. 空き巣に狙われやすいアパート・マンション

マンション
アパートやマンションの場合、1階や2階のような低階層のほうが侵入しやすいため、空き巣に狙われやすい。ただし、屋上からロープで下りてくる手口もあるため、最上階であっても油断は禁物だ。新しいマンションやアパートは住人と不審者の区別がつきづらい。見知った顔が少ないため、オートロックであっても空き巣の侵入を見逃しやすい。

3. 鍵を二重にして防犯対策を

2つの鍵穴
空き巣は侵入する際に5分以上かかると、他の家に移動するといわれている。そのため、鍵を二重にすることで侵入までに時間がかかり、空き巣の侵入を防ぎやすくなる。ピッキング対策が施された鍵もあるため、心配な場合はチェックしてみよう。防犯窓や防犯フィルムを使うのもいいアイデアだ。

結論

どんな家であっても空き巣に狙われる可能性はある。しかし防犯対策することで、その可能性を下げることが可能だ。鍵を二重にしたり、防犯カメラを設置したりして、空き巣が近寄りづらい環境を作ろう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧