このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ジャケット

デキる男の常識『テーラードジャケット』の正しい着こなし!みんな襟が抜けがち…

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月22日

テーラードジャケットは羽織るだけで大人っぽく見せてくれるファッションアイテムだ。着こなすのが難しいイメージがあるが、せっかく着るならばポイントを押さえてスマートに着こなしたい。今回はテーラードジャケットの着こなし方について解説していく。

  

1. 一番下のボタンは開ける

ジャケットのボタン
テーラードジャケットを着るときは、一番下のボタンを開けておこう。アンボタンマナーと呼ばれスーツ全体に共通するマナーだ。たとえばボタンが2つある場合は、上だけを留めるようにして下は開けておく。一番下のボタンを開けておくマナーは、ジャケットの型崩れを防ぐためとされている。

2. 座るときはボタンを開ける

スーツの男性
テーラードジャケットを着て席に座るときは、すべてのボタンを開けるようにしよう。ボタンを開けるのは座ったときにできるシワを防ぐためといわれている。慣れないと忘れがちだが、座るときにさりげなくボタンを外すとスマートに見えるはずだ。着慣れている印象を与えるのでしっかり覚えておこう。

3. 襟が抜けないようにする

スーツの上半身
ジャケットの襟が抜けるというのは、ジャケットの肩が後ろにずれてしまい、襟とインナーの間にすき間ができてしまうことだ。シャツの襟先はジャケットの襟下に隠れるのが基本となる。すき間ができないように肩にしっかり乗せて着るようにしよう。

結論

大人の男性ならばスマートにテーラードジャケットを着こなしたいところだ。襟が抜けているとだらしなく見えてしまうため注意しよう。着るときは一番下のボタンを開ける、座るときはボタンをすべて開けるというのはスーツを着るときにも覚えておきたい。ポイントを押さえてテーラードジャケットを着こなそう。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧