このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼きレタス

【JA全農オススメ】今回はレタスが主役『焼きレタス』を作ってみた!”シャキくたっ食感”がとろける旨さだよ…(涙)

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月23日

おもに、サラダで食べるレタス。シャキシャキした食感が魅力の野菜です。しかし、生野菜は量が多く、毎日食べると飽きてしまうことも。また、レタスは日持ちしない食材です。スーパーマーケットで新鮮なレタスを発見しても、食べきれないと悩む方は多いでしょう。サラダのほかに、レタスをおいしく食べる調理方法はあるのでしょうか。今回は、レタスを焼いて食べる「焼きレタス」に挑戦します。

  

1. レタスは焼いてもおいしい

レタスは焼いてもおいしい
全農広報部のTwitterで、「焼きレタス」が紹介されていました。レタスは焼いてもおいしく食べられるとのことです。材料は、レタスとバターだけ。実際に試してみました。

2. レタスをカットする

レタスをカットする
レタス(1玉)を縦(1/4)にカットします。芯を残してカットするのがおすすめです。葉がバラバラにならず上手に焼けますよ。レタスを洗ったあとは、水気を切っておきましょう。

3. フライパンにバターを溶かす

フライパンにバターを溶かす
フライパンにバターを溶かしましょう。レタス1玉あたり、バター10gが目安です。

4. レタスを焼く

レタスを焼く
レタスを豪快に焼きます。

5. レタスを裏返す

レタスを裏返す
ほんのり焼き目がつき、バターの香りがキッチンに広がります。

結論

バターを溶かして、レタスを焼くだけで、「焼きレタス」が完成しました。 余ったレタスが、[シャキくたっ]な食感が楽しい1品に大変身。 普段、生で食べているレタスを焼くことで、新食感が味わえますよ。 今回は、チーズと胡椒・ガーリックチップをトッピングしました。 チーズをトッピングするとお酒に合う1品に。 ドレッシングをかけると温サラダに。 焼きレタスのアレンジを楽しみましょう。

調理師名:新江友基

経歴:調理学校を卒業と同時に調理師免許を取得。その後、カフェ、レストラン、居酒屋などさまざまな飲食店で調理業務やメニュー開発に携わる。現在は、過去の経験から得た知識を活かし、食に関する記事の監修を担当している。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧