このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
結露した窓の端

結露でできたカビには『アルコールスプレー』が効果的って知ってた?すぐできる簡単【カビと結露対策】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月24日

窓の結露を放置しておくと、カビやダニが発生する恐れがある。放置していると簡単に増殖するため、何か対策が必要だ。そこで今回は、結露対策の簡単な方法を紹介していこう。

  

1. 結露が発生する原因

結露した窓
結露が発生する原因は、室内と屋外の温度差である。結露は冬場に起こりやすい。冬場は屋外の冷たい空気が窓の温度を下げ、室内の暖かい空気を急激に冷やす。このときに発生した水蒸気が、窓に付着するのだ。窓に結露ができると、カビやダニが発生しやすくなる。結露ができた窓にはホコリが付着しやすく、タンパク質を養分とするカビやダニにとって絶好の住みかとなってしまう。

2. 結露が発生したときの対処法

結露した窓とワイパー
窓に結露が発生したら、こまめに雑巾やワイパーで拭き取ろう。窓が結露しやすい冬場は習慣化するのがおすすめだ。その後、アルコールスプレーをするとなおよい。アルコールにはカビを死滅させる働きがあるからだ。数日に1回を目安に、窓やサッシにアルコールスプレーを吹きかけるだけなので手軽だ。すでにカビが発生している場合は、カビ取り剤で落としてからアルコールスプレーを吹きかけよう。

3. 結露を予防する方法

エアコン
結露はこまめに拭き取れば問題ないものの、できれば発生させたくないものである。そこで、温度や湿度を適切に管理しよう。湿度が高くなりすぎないように、除湿機を活用するとよいだろう。また、湿度を上げやすい石油ストーブやガスファンヒーターを避け、エアコンや電気ストーブに切り替えるのもおすすめだ。窓の周辺で停滞した空気が冷えると結露するため、部屋の空気を循環させることも有効である。 窓を開けて換気するか、扇風機やサーキュレーターを活用しよう。

結論

窓に結露ができたら、雑巾やワイパーでこまめに拭き取ろう。カビが発生している場合は、カビ取り剤で取り除いてから、アルコールスプレーでカビを死滅させるのがおすすめだ。結露ができないように、温度や湿度を適切に管理することも重要だ。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧