このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
餃子の王将の看板

【餃子の王将のススメ】餃子だけじゃない!まさかのウマすぎメニュー6選!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月24日

中華料理チェーン店の餃子の王将をご存じだろうか。お店の存在は知っていても、来店したことがない人もいるだろう。今回は、餃子の王将でおすすめのメニューを紹介していこう。

  

1. 餃子の王将とは

餃子の王将の看板
餃子の王将とは、1967年にオープンした中華料理店だ。第一号店の京都四条大宮店を皮切りに京都を中心に展開していき、1978年に東京に上陸した。その後は全国各地に店舗を広げて、現在では海外にも出店している。餃子の王将では、基本的に注文を受けてから調理を開始する。店舗によっては、オリジナルのメニューも多数存在するそうだ。メイン食材のすべてが国産で、本格的な味わいを楽しめるのも魅力である。

2. おすすめの一品メニュー

餃子
餃子の王将の一品メニューでとくにおすすめなのは、「餃子」「ニラレバ炒め」「肉と玉子のいりつけ」の3つだ。やはり店名になっている餃子は外せない。普通の餃子だけではなく、にんにくなしやショウガの風味が効いたタイプもある。ニラレバ炒めは、レバーが苦手な人にもおすすめだ。丁寧に下ごしらえをしているので臭みも少なく、野菜のシャキシャキ感も楽しめる。肉と玉子のいりつけは、きくらげやネギも入っていてボリューム満点だ。

3. おすすめの食事メニュー

中華鍋
がっつり食べたい人に、餃子の王将の食事メニューを紹介していこう。今回おすすめするのは、「炒飯」「天津飯」「焼きそば」の3つだ。炒飯は強い火力で仕上げるため、自宅では再現しにくいパラパラ感を楽しめる。キムチ炒飯や点心炒飯など、ラインナップが豊富なのも嬉しい。天津飯は、特製の甘酢餡がくせになりそうだ。地域によっては複数の餡から選ぶことができるため、ぜひチェックしてみてほしい。餃子の王将の焼きそばは、厳選した素材を使った本格派だ。

結論

餃子の王将には隠れた人気メニューが多数存在する。厳選した素材を使い、職人が一品一品手作りしているのが魅力だ。店名にもなっている餃子だけでなく、ご飯ものや麺類も要チェックだ。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年1月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧