このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タブレットとスマホ

Wi-Fiルーターの寿命って?『寿命が過ぎたときの恐ろしいリスク』と対処法を徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年1月19日

ネット社会の現代において、Wi-Fiはなくてはならない存在だ。Wi-Fiルーターを置いている家庭も多いのではないだろうか。実はWi-Fiルーターにも寿命がある。寿命を迎えたWi-Fiルーターを使い続けるとどんな危険があるのか、解説していく。

  

1. Wi-Fiルーターには寿命がある(※1)

Wi-Fiルーター
Wi-Fiルーターは汚れや破損、熱などによって劣化していくため、寿命は4~5年と言われている。 Wi-Fi通信規格は2~6年の間により高性能で早い規格に更新される。 ルーターのソフトウェアが新しい規格を利用できない場合、高性能の規格が登場しても通信速度が早くなることはないだろう。 Wi-Fi規格と同様に、セキュリティも日々進歩している。 セキュリティの方式は2~5年おきに改められるので、あまり長く使っているとセキュリティに問題が生じるリスクがある。

2. 寿命かも?と思ったら

ポケットWi-Fi
Wi-Fiの調子が悪いときは、買い替えを検討する前に対処法を試してみよう。 ルーターなどの精密機器は、再起動すると不具合が改善されることも多いので、まずは再起動するといい。 ソフトウェアがアップデートされていない場合、遅くなったり調子が悪くなったりするので、ソフトウェアは常に最新か確認する必要がある。 また、一度にたくさんの端末でWi-Fiを使っているときには速度が遅くなることがあるため、接続機器の数を減らして様子をみよう。

3. 本当に寿命が近いときの症状

Wi-Fiルーターとケーブル
Wi-Fiルーターが寿命を迎えていると、さまざまな症状が現れる。 通信速度が遅くなっていたり、通信が途中で切れたりすることがある。 リモートワークをしている人にとっては大きな問題となるだろう。 本体の電源が入らない場合や、電源がついてもWi-Fiが繋がりにくい場合も、Wi-Fiルーターが寿命を迎えているかもしれない。 数年使っているWi-Fiルーターで、先述した対処法を試しても改善されないときは買い替えを検討しよう。

結論

Wi-Fiルーターの寿命は2?6年と言われている。 問題ないと思って使っていても、セキュリティ上に問題があるかもしれないので定期的に買い替えるといい。 調子が悪いときは一度対処法を試してみて、改善されなければ買い替えを検討しよう。
参考文献
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 公開日:

    2023年1月18日

  • 更新日:

    2023年1月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧