このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
じゃがいものチーズガレット

「何個あっても止まらないッ!」余った”じゃがいも”で作った『チーズガレット』がありえないウマさ(涙)

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年3月10日

じゃがいもってパックで売っていることが多いし、買っても使っても微妙な数だけ残るって事多くないですか?そんな中途半端に残ったじゃがいもの消費を助けてくれる料理が「じゃがいものチーズガレット」。じゃがいもを使ったレシピって結構多いですが、じゃがいもメインで作れて使う食材も少なくシンプルでおすすめです。

  

1. 【材料】

【材料】
2~3人前
    <食材>
  • じゃがいも      2個
  • スライスチーズ    3枚
  • ベーコン       2枚

  • <調味料>
  • しお         2つまみ
  • こしょう       適量
  • サラダ油       大さじ2
  • 薄力粉        大さじ2
材料はこれだけで作り方も簡単でした。今回はベーコンも余っていたので使いましたが、無くても美味しく作れます。

2. 作り方

作り方
実際に作ってみて感じたポイントも一緒にご紹介していきます。

じゃがいもを千切りにする

じゃがいものチーズガレットを作る上で一番のポイントです。
じゃがいもをよく洗います。そして皮付きのまま千切りにするのですが、千切りはなるべく細くすることで焼く時に固まりやすくなってくれて綺麗に焼けます。

千切りにしたじゃがいもと他の材料を合わせる

ボールに千切りにしたじゃがいもとベーコン、しお、こしょう、薄力粉を合わせ混ぜ込みます。

3. フライパンで焼く

フライパンで焼く
材料を混ぜたじゃがいもを中火で焼いていきます。ポイントとしてはフライパンは小さめ20センチぐらいのものを使うのがおすすめです。
フライパンでサラダ油を熱していき、他の材料と合わせたじゃがいもの半分を焼いていきます。
そして、スライスチーズをのせたら残っているじゃがいもを上から被せてチーズを挟みこむように焼いていきます。
ここで上から少し押さえて形を整えると焼き上がりが綺麗にできました。フライパンに蓋をし弱火で3~4分焼き全体に火を通します。
3~4分経ったらじゃがいもをひっくり返して両面が焼けたら完成です。

4. ポイント

ポイント
作り方のところでも軽く触れましたが、じゃがいもの千切りがどれだけ細くできるかが最重要です。太めの千切りだとじゃがいもが固まりにくくバラバラになってしまいますのでできるだけ細く切ることをおすすめします。
じゃがいものチーズガレットの作り方で検索すると薄力粉を使わない派のレシピもありましたが、使った方が簡単にまとまるので初めて挑戦する方は使うに越したことはないです。

結論

中途半端に残ったじゃがいもを使いきれました。作り方も簡単でおかずにもう一品欲しい時には大活躍間違いなしのレシピでした。
じゃがいもの残りに悩まされた時は一度試してみてください。

調理師名:新江友基

経歴:調理学校を卒業と同時に調理師免許を取得。その後、カフェ、レストラン、居酒屋などさまざまな飲食店で調理業務やメニュー開発に携わる。現在は、過去の経験から得た知識を活かし、食に関する記事の監修を担当している。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年3月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧