このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
いつも使う洗面台は「浮かせる収納」でスッキリ快適!100均アイテムを使った驚きの収納方法とは

いつも使う洗面台は「浮かせる収納」でスッキリ快適!100均アイテムを使った驚きの収納方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2023年5月26日

毎日何度も使う洗面台周り。コスパよく浮かせる収納を活用すれば、掃除もしやすくなり暮らしが快適になるはずです。ゴチャつきやすいものも居場所を決めることによってスッキリ整えられます!そこで今回は、ダイソーの浮かせる収納アイテムを使って洗面台周りの収納方法を紹介します。

  

1. 洗面台周りのものを全て出してみる

画像

ダイソー「ペタッと貼りつくお掃除スポンジ」 110円(税込)
ダイソー「ヘアゴムホルダー」 110円(税込)
ダイソー「コップホルダー」 110円(税込)
ダイソー「コンタクトケース、小物トレイ」 110円(税込)

収納アイテムを投入する前に、一度全て取り出して洗面台周りを掃除しましょう。クイックルワイパーのドライシートでサッと拭くだけでもきれいになるのでおすすめです。
掃除をしたあとは断捨離を行います。よく使うものと、ほとんど使わないものを分けてみましょう。ほとんど使わないものの中でいらないものは処分し、それ以外は見えないところに収納しておくとスペースを有効活用できます。

2. 浮かせる収納にするものを整理する

画像

今回紹介するダイソーのアイテムで浮かせる収納を作っていきます。浮かせるものは、うがい用のコップ、ヘアゴム、コンタクトケース、洗面台の掃除用スポンジです。

それぞれどこに浮かせる収納を作るのかを決めていきます!ここでポイントなのは、それぞれ使う場所から近いところに収納場所を作ることです。使うときにとにかくアクションを少なくして使い勝手をよくすることが、収納作りのコツになります。

3. ダイソーの浮かせる収納アイテムを駆使する

画像

今回紹介するダイソーの浮かせる収納アイテムを使って整理したものを収納していきましょう。我が家の洗面台はミラーキャビネットを使っているので鏡の中にコンタクトケース、ヘアゴムを収納。ヘアゴムホルダーは横に使うものですが、今回は縦に使っていきます。自分の使いやすいように工夫することが大切です。

あとは見えるところに、他のものを浮かせて収納。うがい用コップは浮かせることによって乾くので、衛生面も心配いりません。掃除用スポンジは、洗面台にペタッと貼りつけておくことで、こまめに掃除できます。

4. 浮かせる収納によって生活が快適になる

画像

浮かせる収納にしたことによって、今までものを置きっぱなしにしていたスペースがスッキリ!見た目もよくなり、掃除がしやすくなります。

今回紹介したもの以外にも便利な100均アイテムを駆使し、いろいろ浮かせる収納を試してみてはいかがでしょうか。

結論

今までは置きっぱなしだったものも浮かせる収納にすれば、わざわざ掃除のときにものをどかすストレスも減り、きれいが長持ちします。また、ものの居場所を決めることによって、どこに何があるかを常に把握できるようにもなるので、ぜひ試してみてください。

  • 記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 更新日:

    2023年5月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧