このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
テキーラサンライズとはどんなカクテル?味や特徴、飲み方まで解説します

テキーラサンライズとはどんなカクテル?味や特徴、飲み方まで解説します

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年5月14日

テキーラはショットグラスで飲む強い酒…というイメージが強いかもしれない。「自分には向いていない」と避けている人もいるのではないだろうか。しかし、テキーラはショットグラスで飲む以外にも、いろいろな飲み方を楽しめる酒である。ここでは、テキーラを使った「サンライズ」というカクテルについて深掘りしていきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. テキーラサンライズとはどんなカクテル?味は?

テキーラはおろか、テキーラサンライズなど飲んだことがないという人のために、まずはテキーラサンライズとはどのような酒なのかを解説していこう。
まず、ベースとなるテキーラは、「ブルーアガヴェ」という植物から作られる酒で、メキシコ中西部ハリスコ州の地名から由来して名付けられたものだ。テキーラのアルコール度数は35〜55度と決められており、非常に強い酒と思われがちではあるが、実際はウイスキーと同じ程度の度数である。
アルコール度数が高いことから、ショットグラスで少量を嗜むのがテキーラの正しい飲み方と思われることも多いが、テキーラサンライズのようにゆっくりと時間をかけて味わう飲み方もある。
テキーラサンライズとは、テキーラをオレンジジュースで割り、グレナデンシロップを注いで作るカクテルである。作り方は簡単で、氷を入れた大きめのグラスにテキーラとオレンジジュースを1:2の割合で入れ、最後にグレナディン・シロップをお好みで入れでば完成。

オレンジ色の中にグレナデンシロップの鮮烈な赤色が沈み、美しいグラデーションを作るさまは、「サンライズ(日の出)」というカクテル名にふさわしい見た目だ。ロングカクテルのため、氷が溶けることによる味の変化も楽しみのひとつだ。

2. テキーラサンライズの飲み方は?

テキーラサンライズの特徴は、沈んだグレナデンシロップである。このグレナデンシロップを混ぜるか混ぜないかは、疑問を呈するところではないだろうか。
結局は好みの問題になるが、グレナデンシロップとオレンジジュースの層の美しさを楽しみたいなら、混ぜずに飲むことをおすすめしたい。シロップの層に近づくほど甘くなる味の変化も、テキーラサンライズの醍醐味である。
テキーラサンライズのアルコール度数は、約12〜18度とされている。ただし、テキーラを入れる量や氷の量などによって、アルコール度数は変わってくる。好みの度数に合わせて、薄くしたり濃くしたりして楽しもう。
カクテルはジュースなど甘いドリンクと割ることも多く、ゴクゴクと飲みやすい。知らぬ間に飲みすぎて、酔いが回ることもあるので注意しよう。ベースのテキーラはかなりアルコール度数が高いので、アルコールに弱い人が店で頼むときは、テキーラを少なくするように伝えておくと安心だ。

3. テキーラサンライズのおしゃれな作り方

テキーラサンライズは、テキーラ、オレンジジュース、グレナデンシロップの3つを揃えれば家でも作れる。材料費だけで済むので、店で飲むよりも格段に安く済ませることが可能だ。
家でカクテルを飲むときでも、盛り付けをひと工夫すれば店にいるときのような気分を味わうことができる。カクテルをおしゃれに飲みたいときは、次のようなポイントを意識してみよう。

フルーツを飾る

テキーラサンライズは、オレンジやチェリーを飾ることが多い。オレンジはくし形切りにして皮に切れ目を入れ、グラスの淵に挟み込むようにして飾るとおしゃれになる。チェリーは缶詰のものなら一年中手に入るので、ドリンクの上にオレンジと一緒に飾ろう。

グラスの淵を塩で飾る

テキーラをショットグラスで飲むときは、グラスの淵に塩をまとわせる。これは、テキーラの独特の臭みを取り除いたり、旨みを引き立てたりするためにするものであり、「スノースタイル」と呼ばれる。テキーラは元々塩との相性がよく、テキーラサンライズの場合は塩が口に当たることで、オレンジジュースやグレナデンシロップの甘さをより引き立ててくれる役割がある。
オレンジやライムなどの果汁を淵に塗り、皿にのせた塩の上で2周ほどグラスを回転させると、塩をグラスの淵に付けられる。一人でカクテルを楽しむときはもちろん、ホームパーティーなどのおもてなしの時にも喜ばれることだろう。

結論

テキーラサンライズは、アルコール度数の高いテキーラを使った酒であり、オレンジジュースとグレナデンシロップを加えて作る。テキーラサンライズの平均的なアルコール度数は12〜18度となっているが、テキーラ自体は強い酒のため入れすぎないように気をつけよう。好きなフルーツをトッピングしたり、スノースタイルを試したりして、店で飲むような贅沢なカクテルを家庭でも楽しんでみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >