このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シャンパンはナイフで開ける?シャンパンサーベルで場が盛り上がる!

シャンパンはナイフで開ける?シャンパンサーベルで場が盛り上がる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2021年4月30日

シャンパンサーベルというナイフを使ってシャンパンを開ける方法がある。シャンパンのボトルを専用のサーベルで打ち落とすことで開栓するこの開け方は、見た目も華やかでパーティーシーンを盛り上げてくれる。本記事では、おすすめのシャンパンサーベルのやり方やおすすめのナイフを紹介していく。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シャンパンの開け方はナイフがベスト?

シャンパンの開け方にナイフを使用したものがあることを知っているだろうか。シャンパンサーベラージュやシャンパンサーベルと呼ばれるこのナイフを使用した開け方は、華のある演出として結婚式などで採用されることもある。

ナイフを使用した開け方はあくまで演出

シャンパンをナイフを使用してあけるシャンパンサーベラージュは、演出として行われることが多い。ボトルを切り落とすことから噴きこぼれも発生するため、自宅などで飲む際には手でボトルを回す通常の開け方がおすすめだ。

2. シャンパンをナイフで開ける方法は?

シャンパンをナイフで開ける方法を紹介する。シャンパンサーベラージュは刃の長いナイフであるサーベルを使用する。適温に冷やしたシャンパンボトルを取り出したら、継ぎ目の部分を上に持ち30度程度まで傾ける。次にシャンパンのボトル口の飛び出ている箇所と継ぎ目の間にナイフを打つ。するとコルクと一緒にボトルの口部分が切断され、ボトルが開けられるのだ。

3. シャンパンをナイフで開けるときのポイントや注意点

シャンパンをナイフで開けるときには次の点に注意したい。はじめに広いスペースを確保することだ。ナイフで切られたシャンパンボトルの口部分が飛んでいくため、周囲の安全を確認して行おう。またナイフを打った衝撃でシャンパンの泡が噴き出るので、衣服や床の汚れには注意が必要だ。次に、力にまかせて行わないことも重要である。ボトルの破片がシャンパンに入り、飲めなくなってしまう。

銃刀法

シャンパンサーベルは刃物なので、持ち運びの際には銃刀法に注意が必要だ。使用目的を明確に説明できるようにし、刃の部分はしっかりと覆って梱包しよう。

4. シャンパンナイフのおすすめはどれ?

シャンパンナイフを使ったシャンパンサーベルについて紹介してきたが、最後におすすめのシャンパンナイフの銘柄を紹介する。パーティーなどでシャンパンを購入する予定がある人は、ナイフも合わせて準備してみてはいかがだろうか。

YesEatls「YeseEatIs 'Sabre」

イタリアでデザインされたエレガントで洗練されたシャンパンナイフ。木製のディスプレイボックス付きで保存や持ち運びにも便利である。

ラギオール「アンオブラック・シャンパンサーベル バッファロー」

フランスでつくられたシャンパンナイフ。ブラックの持ち手と刃部分のバランスが美しい洗練されたデザインだ。

マチュザレム「イタリア製マチュザレム・シャンパンサーベル」

イタリア製のシャンパンナイフ。豪華な装飾がほどこされており見た目も楽しめる。ディスプレイボックスは持ち運びにも利用可能だ。
おすすめ商品

結論

シャンパンは通常手で開けることが多いが、ナイフでボトルを打つ華やかな開け方がある。結婚式などでも行われるシャンパンサーベルと呼ばれるこの開け方は、場を盛り上げてくれること間違いなしだ。ぜひパーティーなどで試してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年4月30日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ