このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
買った時には既に皮が剥かれている?ニンジンの下処理の方法

買った時には既に皮が剥かれている?ニンジンの下処理の方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年6月16日

ベータカロチンが豊富で野菜不足の解消にももってこいの野菜「人参」。生のままサラダにしたり、スープや煮込み料理に使ったりといろいろな料理に使えるのも魅力のひとつだ。一方で「皮は剥くのか」「ヘタの部分は潔く切り落としていいのか」など、下処理の仕方についての疑問も多い。今回は、栄養豊富な人参をもっと美味しく食べるための、人参の洗い方と下処理の方法について紹介したい。

  

1. 洗い方

人参を調理する前に、まずしっかりと洗うことが大切だ。ボウルなどに水を溜めて、その中で人参をこすり洗いする。特に、ヘタの部分に土や汚れが溜まっていることが多い。指先で汚れが取りにくい場合には、野菜専用のたわしなどを使うと汚れが落ちやすくなる。そして洗った後は、キッチンペーパーや清潔な布巾などで水気をしっかりとふき取ろう。

続いて、ヘタ周辺の処理だ。人参のヘタの部分を潔く切り落とす方も多いだろうが、栄養がたっぷり詰まった人参は、出来るだけ余すところなくいただきたい。人参のヘタの部分に包丁の刃元をあててくり抜く方法がおすすめだ。こうすることで、人参の端まで料理に使うことができる。

葉っぱの付いた人参の場合も、基本的な洗い方は同じだ。ただ葉には農薬が残っている場合が多い。葉を食べる場合、気になる方は無農薬栽培されたものか有機野菜を選ぶようにするのがおすすめ。もし農薬の影響が心配な場合は、重曹を溶かした水で洗ったり、調理の前に下茹ですることをおすすめする。

2. 人参の皮は剥くべき?

人参の下処理のなかでもよくある質問が「皮は剥くのか、剥かないのか」ということだ。意外と知られていないが、スーパーなどに並んでいる人参の多くは、泥などの汚れを落とすために洗浄され、すでに薄い皮が剥かれている。

また人参に限らず野菜は一般的に、皮や種にも多くの栄養が含まれている。特に人参に豊富に含まれるカロテンは実と皮の間に多いと言われている。

ただし煮物などの加熱料理では、皮を剥かないと味の染み込み方が悪くなってしまうこともある。こうした場合には、皮を剥いた方がいいだろう。また人参の残留農薬が心配な方にも、皮を剥くのをおすすめする。

ちなみに皮を剥く時には、ピーラーを使う方が多いようだ。慣れるまでは手を切りやすいので、十分に気をつけてほしい。ピーラーが無ければ包丁でも大丈夫。人参を回しながら薄く皮を剥くようにしよう。

3. 人参の下処理

次に、人参の下処理についてだ。これは作りたい料理によって内容が変わってくる。例えば煮物や煮込み料理などに使う場合には、味が染み込みやすいように面取りをするといい。面取りとは、野菜の切り口の角を薄く削って、尖った部分を丸くすることだ。大根やカボチャなど他の野菜でも使われる方法だが、料理の見栄えも良くなるし、煮くずれを防ぐ効果も期待できる。切り取った後に残る人参のかけらは、スープなどに使おう。

また、人参は柔らかくなるまで時間のかかる野菜のひとつだ。例えば肉料理などの付け合わせにぴったりの「人参のグラッセ」を作ろうとしたら、下茹でをしておくことがポイントになる。下茹でするときは、素材に均等に火を通るように水から茹でるようにしたい。

結論

彩が良くて栄養も豊富な人参は、我々の食卓に無くてはならない野菜のひとつだ。何気なく洗って切るだけでも人参の料理は作ることができる。しかし、例えばヘタの周りをしっかり洗って無駄なく使ってみると、味も栄養もグンと高まる。また面取りをした人参を煮込み料理に使うと、見た目が良く味がしっかり染みた一品に仕上げることができるだろう。ひと手間かけることで、普段の料理は確実にワンランクアップする。人参を使った料理を作る時には、ぜひ試してみてほしい。
  • 公開日:

    2017年9月28日

  • 更新日:

    2021年6月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧