このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
知らないと損する!お肉のうま味を引き立てる調味料はコレで決まり!

知らないと損する!お肉のうま味を引き立てる調味料はコレで決まり!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2020年1月10日

ステーキがドン!とメインにしたメニューが食べたくなる。しかし自分で作ると味つけがいつも一緒になってしまう…と困った人もいるのではないだろうか。 味つけがいつも一緒になってしまう… 家でステーキを食べたいけれど、お店みたいにならない…という人に、お肉、特に牛肉のうま味を引き出す調味料の組み合わせを紹介する。

  

1. お肉の調味料|シンプル派は、塩こしょう×バター×ニンニク

シンプルに肉のうま味を味わいたい!という時におすすめの「塩こしょう」と「バター」「ニンニク」を使った味つけを紹介する。焼く前に肉の筋を切り、室温に戻しておくことを忘れずに。
① 焼く直前に両面に塩こしょうを振る。

② フライパンを強火で熱したらバターと肉を入れ、スライスしたニンニクを入れて焼いていく。溶けたバターを掛けながら、焼き目がついたら裏返す。計6分前後でミディアムレアになるので、焼き時間はお好みで調整しよう。

③ 肉を皿に取り出したら、フライパンに残ったガーリックバターにパセリを入れ、皿の肉にかける。

2. お肉の調味料|高級感なら赤ワイン×みりん

ちょっと特別な日にもぴったりの、「赤ワイン」を使った味つけ。「みりん」がポイントだ。どちらもアルコールが入っているが、加熱するとうま味だけが残る。

① 赤ワインとみりんを3:2の割合で鍋に入れて煮立て、とろみが出たら塩、バターを加えてソースを作る。

② フライパンにサラダ油を熱し、室温に戻して筋を切り、塩こしょうした肉をお好みの焼き具合に焼き、皿にのせてソースをかける。

3. お肉の調味料|和風派はしょう油ベース

チェーン系ステーキレストランにもありそうな「しょう油ベース」の味つけ。和の調味料を使うことで、日本人の口に合うステーキに仕上がる。
フードプロセッサ
① 玉ねぎ2個とニンニク1片をフードプロセッサでペースト状にする。フードプロセッサがない場合はすりおろす。

② ①と、しょう油大さじ5、砂糖大さじ1、ハチミツ小さじ1、酢大さじ1、を鍋に入れて煮詰める。

③ フライパンにサラダ油を熱し、室温に戻して筋を切り、塩こしょうした肉をお好みの焼き具合に焼き、皿にのせてソースをかける。

結論

せっかくのお肉、味のバリエーションにも工夫して美味しく食べたい。調味料も大事だが、下ごしらえや焼き加減も仕上がりを決める大切なポイント。手順はシンプルだが丁寧に調理しよう。
  • 公開日:

    2017年12月12日

  • 更新日:

    2020年1月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ