このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

知っていると便利!カップラーメンが本格的な料理に

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月22日

ときどき無性に食べたくなるカップヌードル。お湯を注いで3分で美味しいラーメンにありつける、忙しい人の救世主的アイテムでもある。そのままでももちろん素晴らしいクオリティだが、ひと手間加えるとまた違った味わいが楽しめる。つい試してみたくなる、カップラーメンのアレンジを紹介する。

1. 初級編

まずは、家にあるものですぐに試せそうな、初級編。調味料をひとつ足すだけの、ちょい足しアレンジを紹介する。

●レギュラー+マヨネーズ

油分とクリーミーさが加わり、とんこつ風?に。

●レギュラー+柚子胡椒

おしゃれなラーメン屋さんで出てきそうな大人な味に。

●レギュラー+コチュジャン

これだけで韓国の辛ラーメン風に。

●シーフード+ラー油

ラー油の辛みとコクで本格ラーメンのような味に。

●チリトマト+オリーブオイル

もともとイタリアを意識した味だけに相性抜群。パスタに近づく。

●カレー+粉チーズ

スパイシーなカレー味がマイルドに。とろけるチーズもおすすめ。

2. 中級編

何品か組み合わせたり、挑戦的な食材を足したり。より変化が楽しめるアレンジを紹介する。

●レギュラー+梅干し

さっぱり、お茶漬けのような感覚。疲れた胃にもやさしい味になる。

●レギュラー+レモン汁+酢+ラー油+ブラックペッパー

ほんのり酸味のあるトムヤンクンのような味に。トムヤムヌードルと食べ比べてみよう。

●レギュラー+焼肉のたれ+生卵

濃い目の味が食欲をそそる、お腹にも満足なカップラーメンになる。

●レギュラーまたはみそ+バター+しょうゆ

北海道ラーメンのような味に。これは間違いない。

●シーフード+ふえるわかめ+かつお節+マヨネーズ

シーフード味にぴったりの、コクと磯の香いが加わり、本格的なシーフード風味に。

●カレー+納豆

納豆は食べる直前に足す。ネバネバはなく、豆カレー風に。

3. 上級編

ちょっと手間がかかり、もはや違った料理なのでは、といったアレンジを紹介する。

レギュラーであんかけ中華麺風

①中華だしの素と水を鍋に入れて軽く沸騰させ、水溶き片栗粉でトロミをつける。

②カップラーメンに目盛りより5mmほど下までお湯を入れ、あんかけを注いで3分待つ。

れっきとしたあんかけ中華麺に変身。あんに野菜などを加えても美味しい。

カレーでチーズナポリタン風

① カップラーメン(カレー)を普通に作り、カレー粉を入れる。

② 汁を全部捨てる。

③ ピザ用チーズ、卵の黄身を入れて混ぜ、皿に盛る。

なんとも不思議。カレー味のナポリタンのような料理が完成。

シーフードで焼き飯風

① 鍋に水とごはん、カップラーメン(シーフード)の具材を入れて煮込む。

② 麺をパキパキと割って入れて、水分が飛ぶまで火にかける。

火を途中で止めれば中華風おじやのようにもなる。

4. 番外編

とくに他の材料がなくてもできる。いつものカップラーメンに飽きた!けど本当にカップラーメンしかない、という時にでも試してみよう。

汁なしラーメン

カップラーメンのようにあらかじめ混ざっているものではなく、かやくや粉末スープが別添えになっているものでのみ可能なアレンジだ。


① かやく袋などを取り出す。

② フタに楊枝などで湯切り穴を20個ほど開ける。

③ かやくを入れてお湯を注ぎ、表示よりも30秒ほど短めに待つ。

④ 湯切りをして、出しておいたスープと和える。

あれば生卵などを入れるとより美味しい。

結論

いろいろなアレンジにチャレンジしても、わりと美味しくまとめてくれる、カップラーメンの懐の深さに感服だ。これはダメかもしれない、というモノでも足してみたら以外と合うかもしれない。まだ誰も発見していないレシピを見つけてみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ