このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ドリップボトルやケトルがなくても極上のコーヒーを楽しむ方法とは?

ドリップボトルやケトルがなくても極上のコーヒーを楽しむ方法とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年12月17日

仕事や家事の合間の息抜きに、美味しいコーヒーが欠かせないという方も多いことだろう。ドリップボトルやケトルなどを使って丁寧に淹れるのは確実な方法だが、これらの道具が無くても、代用品を使って美味しいコーヒーが飲めることをご存知だろうか。今回は、ドリップボトルやケトルを使う意味とその代用品についてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ドリップボトルやケトルを使う意味

「カフェや喫茶店で飲んだコーヒーが美味しかったので、同じ豆を購入して自宅で淹れてみたら全く味が違った」という経験はないだろうか。これは、豆の種類や焙煎方法、豆を挽くタイミングなどもあるが、ドリップの技術による差が大きいと言われている。

当然のことながら、プロ並みの技術を習得するのは簡単ではない。しかし、専用のドリップポットやケトルを使うことによってコーヒーを抽出する技術を高めることができる。

まず、ドリップポットと普通のヤカンやポットとの大きな違いは、お湯の注ぎ口の大きさにある。ドリップポットの注ぎ口は細く長い形状になっているため、お湯を少しずつピンポイントで注ぐことができるのだ。実際に使い比べてみるとよく分かるが、ドリップポットとヤカンを使った場合では、ドリップの難易度が大きく違う。

ドリップポットは、注ぎ口の大きさ・容量・デザインなど様々な種類がある。家族構成やデザインの好みなどによって、自分の気に入ったものを選ぶようにしよう。また、直火で温めることができるタイプと他のポットなどで温めたものを移して使うタイプの2種類があるので、購入する際にはぜひ確認したい。

2. ドリップポットの代用品

一人暮らしや外出先などで「ドリップポットを持っていなくても、手軽に美味しいコーヒーを楽しみたい」という時もあるだろう。また「調理道具を増やしたくない」「本格的なコーヒーの味にはそれほどこだわりがない」という方もいるだろう。

そんな時に覚えておくと便利なのが、ドリップポットの代用品だ。基本的には、注ぎ口が付いていればドリップポットの代わりになる。
  • 急須やティーポット...ドリップポットとの違いは、「注ぐ湯量が安定しづらいこと」「注いでいる間はフタを抑えなくてはいけない」ということが挙げられる。また、急須の場合はドリップポットに比べて容量が小さいことが多く、大人数のコーヒーを淹れる場合には何度か湯を足す必要がある。
  • 湯沸かしポット...湯を沸かしたポットからそのままお湯を注ぐ方法だ。こちらも急須やティーポットなどと同じく、「注ぐ湯量が安定しづらいこと」というデメリットはある。一方で、ドリップポットなどに湯を移し替える必要がなく、すぐにコーヒーを淹れることができる。一人分を楽しみたい時や急いでいる時などには便利だ。
  • マグカップと割り箸...旅先のホテルなどで特別な道具は何もないという時にも役立つ方法だ。マグカップにお湯を入れて、割り箸をお湯がつたっていくようにカップにあててドリップする。多少コツが必要だが、出張や旅行などが多いという方はぜひ覚えておきたい。

3. コーヒードリッパーの代用品

続いて、コーヒードリッパーがない時の代用品をご紹介しよう。
  • 茶こし...お茶を淹れる時に使う茶こしにコーヒー豆を入れてドリップをする方法である。メッシュの目の粗さと豆の挽き方によっては、茶こしから豆が出てしまうこともあるので、「粗挽きの豆を選ぶ」など少し注意が必要だ。
  • 三角形にした綿などの布...コーヒー専門店では「ネルドリップ」と呼ばれるドリップ方法である。ペーパーフィルターをドリッパーにセットする方法だと紙の匂いがコーヒーに移りやすいが、匂いが移る心配もなく、洗濯すれば何度も使えるというメリットがある。綿などの布を三角形にして、その中にコーヒー豆を入れてお湯を注ぐ。

結論

「本格的な道具がないと、美味しいコーヒーは飲めない」と思っていた方にとっては、きっと驚く内容だっただろう。アイデア次第で、旅先などでドリップポットがなくても手軽にコーヒーを楽しむことができる。忙しい時こそ、コーヒーを淹れて一息付いてみてはいかがだろうか。
  • 公開日:

    2018年2月 6日

  • 更新日:

    2019年12月17日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ