このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

「スナップエンドウ」のパワーを逃さず美味しく茹でる方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年3月13日

スナップエンドウは出回り始めてからまだ40年程度の新しい野菜だ。使い勝手のよさからお弁当や一皿への彩りまでさまざまなシチュエーションで使われている。子供のころは苦手だったという方もいるかもしれないが、しっかりと味わってみると甘みがとても強くビタミンをたくさん含む野菜としても注目だ。今回はスナップエンドウが持つ栄養素やカロリーについて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビタミンの宝庫・スナップエンドウ

スナップエンドウは栄養バランスのとれた野菜だ。また、ビタミンが豊富なのもその特色。主に含まれている栄養素を挙げると、ビタミンC、ビタミンK、、葉酸、そしてビタミンを生成するために重要なベータカロテンなどが含まれている。
ここではまずスナップエンドウに含まれるこれらの栄養素の効能を知ることで、どんな健康効果が期待できるのかを知っていこう。

ビタミンC

肌のツヤやハリを維持したり、疲労回復、免疫機能を高めたりと身体を健康に維持していく上で必要不可欠な栄養素のひとつ。

ビタミンK

血液をかためるのに必要な栄養素で、カルシウムの吸収をよくすることで骨を丈夫にする役割も持っている。目立たないビタミンではあるが、これが不足するとケガをしたときに血が止まらないなど問題が生じる。

ベータカロテン

体内でビタミンAへ変換される。ビタミンAは肌や粘膜の健康維持や夜間視力にも影響を与える。

葉酸

ビタミンB群の一種である葉酸は特に妊婦さんには欠かせない栄養素だ。人間の遺伝情報を正常に伝える核酸の生成に影響を与える。

スナップエンドウだけを大量に食べるという機会は少ないかもしれないが、バランスよくビタミンを含む食材なのでぜひ積極的に食卓に加えて摂取していきたいものだ。

2. スナップエンドウはハイカロリー?糖質が多い

スナップエンドウは100gあたりでおよそ40kcalを含んでいる。スナップエンドウに限らず豆類はタンパク質や炭水化物の成分も多いためカロリーは野菜の中では比較的高めだ。単純なカロリー数値だけでみるとやはり食べすぎには注意の食材だといえる。

また、炭水化物が多いということは糖質が高いということでもある。実際にスナップエンドウは味わうとしっかりとした甘みを感じることが出来るのが特徴だ。高い栄養価を持った食材ではあるが食べすぎには要注意。特に糖質を制限している方にはあまり向いていない食材だといえるだろう。

3. 栄養を逃さないようにするスナップエンドウの調理法

スナップエンドウの魅力といえばシャキシャキとしたフレッシュな歯ごたえと噛みしめると感じられる甘み、そしてさわやかさを感じるような青臭さだ。湯に通すことで鮮やかな緑色はより強調されて、料理に彩りを与えてくれる。

しかし茹でるときに注意しないとスナップエンドウの魅力である食感は活かされないし、加熱しすぎるとせっかくの豊富な栄養素も壊してしまいかねない。

スナップエンドウを調理する際はまずヘタを折ってそこから筋を取り除く。それと同時に塩を加えたお湯をたっぷり沸かしておこう。塩を加えることでスナップエンドウにほのかな塩味を与え、甘みを引き出すことが出来る。

沸騰した湯にスナップエンドウを投入しおよそ2分から3分茹でる。スナップエンドウに含まれるビタミンは熱に弱いものも多いため、茹ですぎるとせっかくの栄養を摂りいれることができないので注意しよう。

茹で終えたらザルに移して粗熱をとる。水につけて冷ますと栄養素やおいしさが流れてしまうので出来ればうちわなどを使って粗熱をとりたい。

結論

スナップエンドウは栄養価のとても高い食材だ。特にビタミンC、ビタミンKをはじめとしたビタミン類がバランスよく含まれる。一方で糖質も高いのが特徴なので糖質制限中の人は注意も必要だ。

調理の仕方に気を付けてスナップエンドウの魅力を余すことなく楽しんでみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ