このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ひなあられの由来~「雛の国見せ」ってなに!?

ひなあられの由来~「雛の国見せ」ってなに!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月14日

ちらし寿司やひし餅など、ひなまつりの行事食は多い。その中から、今回のテーマは飾って可愛らしく、食べて美味しい“ひなあられ”。ひなまつりにはどんな由来があるのだろうか?また、地域性は?ひなあられについて詳しく解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 人に教えたくなる!ひなあられの由来は?

ひなまつりの歴史から知ろう

ひなまつりの歴史を語らずに、ひなあられの由来を語ることはできない。初めに、ひなまつりの歴史を簡単に解説する。ひなまつりが始まった時期については定かではないが、平安時代の書物には、紙で作った人形や屋敷を使って遊ぶ"ひいな遊び"が上流階級の女の子たちによって行われていたという記述が残っている。
また、紙製の人形を川に流してお祓いをする儀式が同時代の3月に行われており、江戸時代にひいな遊びとお祓いの儀式が結びつき、雛人形を飾ることで女の子の成長と幸福を祈る現在のひなまつりとなった。

"雛の国見せ"でひなあられが誕生

江戸時代には現在と同じように桃の節句には雛人形を飾ったが、現在と大きく相違する点がある。それが"雛の国見せ"だ。雛の国見せとは、天気の良い日にお菓子を持ち、飾られている雛人形を屋外に持ち出し、海や山や野の景色を見せてあげるのだ。大切な雛人形を持ち出すなど今では考えられないが、この時期には遠足気分で雛人形を持ち出していたのである。この時に、雛人形と共に持ち出されたお菓子がひなあられだ。江戸時代の女の子たちは、桃の節句に雛人形と一緒に出かけ、美しい自然を眺めながらひなあられを食べていたのだ。

2. ひなあられには意味があるの?

ひなあられには、3色のものと、4色のものとがある。そして、それぞれの色には意味があり、願いが込められている。それぞれの色が持つ意味について説明する。

3色のひなあられ

3色のひなあられの色は、赤(ピンク)・白・緑である。これは、ひなあられと同じくひなまつりに欠かせないお菓子である菱餅と同じ色だ。この3色は"ひなまつりカラー"として知られ、雛人形やお菓子のパッケージ、ケーキの色合いなど様々なところで採用されている。
  • 赤(ピンク)
    生命のイメージ。生命の持つエネルギーを表す

  • 雪をイメージ。大地の持つ巨大なエネルギーを表す

  • 木々の芽吹きのイメージ。自然の持つ力強いエネルギーを表す
3色のひなあられには、「我が子が3つの大きなエネルギーを取り入れ、健やかに成長できるように」という願いが込められている。

4色のひなあられ

4色のひなあられは、3色のひなあられに黄色をプラスしたものである。この4色のひなあられにも意味があり、親から子への願いが込められている。
  • 赤(ピンク)
    桜の花をイメージ。春を意味する

  • 新緑の青さを持つ木々のイメージ。夏を意味する
  • 黄色
    紅葉のイメージ。秋を意味する

  • 雪のイメージ。冬を意味する
4色のひなあられは四季を表し、「年間を通して娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められている。

3. ひなあられって関東と関西で違うの!?

ひなあられは甘い?しょっぱい?

ひなまつりが近づくと、スーパーの店頭には柔らかい色合いの可愛らしいひなあられが並べられ、一気に華やかさを増す。姉や妹を持つ人の中には、雛人形と共に飾られたひなあられをつまみ食いした思い出を持つ人も少なくないだろう。ひなあられの魅力は、見た目の可愛らしさだけでなく美味しさにもある。ひなまつりには欠かせないお菓子だが、味や形を覚えているだろうか?ひなあられは実は地域によって形も味も異なる。「ひなあられは小粒で甘い!」と答える人は、間違いなく関東出身だろう。関東と関西のひなあられの違いを説明する。

小粒で甘い関東、まんまるでしょっぱい関西

関東のひなあられは米粒サイズ。昔懐かしいポン菓子(米を爆ぜて作る菓子)を砂糖で甘く味付けしたものだ。一方、関西のひなあられは大きくてしょっぱい。直径1センチほどのまんまるの球体で、しょうゆや塩などでしょっぱく味付けされている。関東出身の人が関西のひなあられに出会った時には、もちろん逆のパターンでも、かなり驚くだろう。どちらのひなあられも美味しく、見た目も華やかである。可能であれば両方用意してひなまつりを盛大に祝おう!

結論

ひなあられについて解説した。ひなまつりには、美味しくて華やかなひなあられで女の子の成長を祈ろう!ちなみに、ひなあられは外でも食べやすいようにひし餅を砕いて作られたという説がある。真相は謎だが、ひし餅はひなあられ同様ひなまつりに欠かせないお菓子であり、更に色も同じである。納得できる説だと思う人は多いのではないだろうか?

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >