このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
忘れられてない!?ココナッツオイルの使い方とアレンジ料理

忘れられてない!?ココナッツオイルの使い方とアレンジ料理

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年4月 8日

ココナッツといえば南国の木の実、ココナッツジュースやココナッツミルク、製菓用に使われる・・・といった印象が強いのではないだろうか。そんなココナッツアイテムのなかで最近なにかと話題なのがココナッツオイル。近年オリーブオイルをはじめとした様々な植物性のオイルが注目されている。今回は、ココナッツオイルの持つ特徴や使い方を紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ココナッツオイルってどんなオイル?

ヤシの実のオイル・ココナッツオイル

ココナッツオイルとは別名ヤシ油といい、ココヤシの実から採取されるオイルだ。ココヤシ果実の種子の胚乳を乾燥させ油分を抽出、さらにそれを精製して商品化されている。

食用の他に洗剤などにも利用されておりその需要は高い。意外と私たちの知らいないところで私たちの生活を支えているオイルだ。

性質が乳脂肪に近いという特徴も持っており、ホイップクリームやアイスクリームなどにも利用されている。

ほのかに香るココナッツの甘い香りやまろやかさが特徴のオイルだ。

バージンココナッツオイルについて?

ココナッツオイルに限らず、さまざまなオイルにも存在するバージンオイル。これは端的に言えば生搾り無添加のオイルだ。

油分を抽出する際に加熱や漂白、化学製品を使わずに、フレッシュな状態のオイルを抽出している。その分コストもかかるため値段は高めになる。

オリーブオイルの世界ではエクストラバージンと謳う商品の中にもニセモノが大量に出回っていると言われている。これはココナッツオイルに関しても同様で、バージンオイルという謳い文句が必ずしも質の良いものを示すとは限らない。

特にオリーブオイルのように消費者の目が肥えてきているオイルと違い、ココナッツオイルのバージンオイルの基準は曖昧だ。

購入する際はオーガニック認証マークなどがついているものを選ぶことが信頼できるオイルを手に入れるコツとなるだろう。

2. ココナッツオイルの使い方

食用に使用する

  • 風味づけ
    風味づけの場合は仕上がった料理にふりかけたり、コーヒーやホットミルクなどに入れたりすることで香りづけをするといった使い方が基本だ。
  • 加熱用
    加熱調理用に使用する場合は普通のサラダ油やオリーブオイルの代わりに使用すればいい。バージンココナッツオイルの場合はビタミンなどの一部栄養素や風味が過熱によって失われてしまうが、これは仕方のないことだ。
栄養素や風味が気になる場合は加熱が完了した時点で、ココナッツオイルをひとまわししてみることをおすすめする。

美容のために使用する

ココナッツオイル、特に加工・精製されていないフレッシュなオイルは豊富なビタミンやミネラルを含んでおり、スキンケアに適していると言われている。

もちろんココナッツオイルそのものは化粧品として作られているワケではないので、本物の化粧品と比べるとその効果は必ずしも完璧ではないが、食用だけでは使い切れないココナッツオイルなどがあれば彼女や奥さんのスキンケアに使ってもらうというのもアリかもしれない。

保存方法に注意

ココナッツオイルは基本的に酸化しにくく保存性の高いオイルと言われている。唯一保存に際して意識したいのは保存温度。

オリーブオイルが冬場になると固形化してしまって、いざ使おうと思った時に使えなかったといった経験のある方がいるかもしれないが、ココナッツオイルは25度を切った時点で固形化を始め、20度を切るころにはほとんど固まっている。

つまり夏場でもない限りはほとんど固形化しかけていると考えて差し支えない。特に冬場だとカチコチに固まって使いづらいこともあるかもしれない。

いざ使う時に、特に液体の状態で使いたいと言うこともあるだろうから、ココナッツオイルの保存に関しては小分けにしておくのがオススメだ。

湯煎にかけて溶かすにしても、常温で放置して溶かすにしても、少量であれば効率がいいし残ったオイルを傷めてしまうことも防げるからだ。

3. ココナッツオイルをあわせたい料理

野菜のポタージュ

野菜のポタージュスープにココナッツオイルをあしらってみよう。

ポタージュスープにオリーブオイルや生クリームなどを最後に垂らしなめらかさや風味を足すのは基本的な技法だが、乳脂肪に近いココナッツオイルは生クリームとオリーブオイルの役割を兼ねていると言ってもいい。

野菜の甘みや香りにココナッツの香りが加わり、より華やかな一皿へ変身する。

ドレッシング

ドレシッングは、通常、酢と油に塩や甘みを足して作られる。この油をココナッツオイルに代えるだけで香りはぐっと華やかになる。酸味は普通の酢でもいいが、ライムの果汁を使う事でトロピカルな印象のドレッシングになるので試してみてほしい。

トースト

固形化しているココナッツオイルはまるでさらっとしたバターのようだ。これをトーストに塗って食べるだけでも十分に美味しい。

物足りない人はバナナやシナモン、アイスクリームなどをトッピングしてデザートのように食べるのもオススメだ。

コーヒーや紅茶

コーヒーや紅茶にココナッツオイルを垂らして飲むと、ココナッツの風味をプラスすることができる。

結論

ココナッツオイルは美味しく健康にもいいオイルのひとつだ。使い勝手もいいのでぜひ利用してみよう。
  • 更新日:

    2018年4月 8日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ