このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
知っておきたいパプリカの皮のむき方と切り方

知っておきたいパプリカの皮のむき方と切り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月13日

料理に彩りを与え、ピーマンを超える高い栄養価から健康面でも魅力的な野菜・パプリカだ。中華料理やイタリアンでは特に登場機会も多く、さまざまな場面で活躍する。普段から調理している人にとってはさして調理難易度の高い食材ではないのだが、あまり使う機会のない人にとっては皮のむき方やカットの仕方は疑問に思うこともあるかもしれない。そこで今回はパプリカの知っておくと便利な調理法として、レンジを使った皮むきの仕方や綺麗なカット方法についてみていこうと思う。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パプリカの皮はむく必要はある?

パプリカの調理は、難しいものではない。手間のかかる部分はほとんどなく、ただカットしてタネとワタを取り除けば使用することができるからだ。

しかし食感をよりスムーズにしたい場合や離乳食や小さい子ども用の料理に使う場合は薄皮をむくことでより完成度の高い調理が可能だ。

そのため、より高いレベルでひと手間加えた料理を作りたい場合や小さい子供のためにパプリカを調理したい場合は皮のむき方を覚えておいて損はないだろう。

もちろん皮をむかずに調理してもおいしく食べることができるので、皮をむく処理をするかどうかは好みやシチュエーションにあわせて決めるとよいだろう。

2. パプリカの皮のむき方

パプリカの皮をむくにはどのようにすればよいのだろうか。
パプリカの皮むきには大きく分けるとふたつの方法がある。ひとつはレンジを使う方法、もう一つは皮目を焼き付けて剥がす方法だ。それぞれについてやり方を見ていこう。

レンジでパプリカの皮をむく方法

最も簡単に皮をむく方法がレンジを使う方法だ。パプリカをカットして耐熱皿にのせ、2分ほどレンジで温める。温めたパプリカは粗熱を軽くとってから皮をむこう。これだけで簡単にスルっと皮をむくことができる。

非常に簡単に皮をむけるが、熱の入り方によって中には完ぺきにきれいに皮が取れないものもあるので注意が必要だが、手軽さを求めるのならレンジが効率的だ。

皮目を焦がして皮をむく方法

パプリカの皮を黒く焦がしてから皮をむく方法もある。パプリカをカットして耐熱皿や網に乗せ、オーブントースターで皮に焼目がつくまで焼く、もしくはパプリカを丸のまま網に乗せ直火ないしは魚焼きグリルで焼く。

焼目がついたパプリカは少し休ませてむらしながら荒熱をとる。すると皮がするりと綺麗にむくことが出来る。

レンジを使うよりも時間と手間はかかるが、火が通りすぎることもなくムラなくむくことができるので、レンジより高い完成度を求める場合にはオススメだ。

3. パプリカの見栄えのよい切り方

パプリカは栄養も満点で非常に優れた食材だ。そのカラフルな見た目から彩りのために加えられることも多い。せっかく彩りに使うのであれば、適当に切ってしまってはもったいない。

そこで最後にパプリカの正しい、見栄えのよい切り方方法を学ぼう。

正しい切り方の基本は"均一"

パプリカに限らず食材の切り方の基本は大きさをそろえることにある。同じ大きさに切ることで火の通り方を均一にすることが出来るためだ。どのような形に切るにせよ、大きさは同じになるように意識することが大切になってくる。

見栄えのよいパプリカの切り方

まずはパプリカを縦半分に切って中の種とワタを取り出し水洗いする。その後、細切りにする場合は縦に細く、乱切りにする場合はさらに縦二等分にしてから切るようにしよう。いずれの場合も大きさが同じになるように気を遣う。

なお、パプリカが見栄えよく一皿の中で彩りとなるためには切り方を正しく均一にすることも大切だが、全体の量に対してどれくらい加えるかも需要だ。きれいだからといって入れすぎるとバランスが崩れるので、全体のアクセントになるよう10~20%を意識して加えるといいだろう。

結論

SNSの発達なども後押しし、料理は年々その見た目が重要視されている。パプリカの色鮮やかさは見栄えをよくするためにも非常に便利だ。よりインスタ映えをよくするためにも、正しい切り方や皮のむき方は覚えておいて損はないだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >