このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
魚との相性抜群!手巻き寿司に酢飯を使う理由

魚との相性抜群!手巻き寿司に酢飯を使う理由

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年10月13日

手巻き寿司には酢飯を使うのが一般的だが、酢が苦手な人や酢飯を作るのが面倒な人は、普通のご飯の手巻き寿司でも良いと考えているかもしれない。酢飯には、古くからの知恵が詰まった素晴らしい効果があるので紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそも酢飯はなぜ作られたのか

酢飯が作られた背景は、寿司の発展が関係している。寿司の起源は「なれずし」と言われており、魚をご飯と混ぜて発酵させたもので、保存食として食べられていた。なれずしは発酵させるのに時間がかかっていたため、発酵の代わりに酢を使った、押し寿司や握り寿司へと発展していった。押し寿司や握り寿司はすぐに食べられることから「はやずし」とも呼ばれていたようだ。

2. 酢の防腐作用について

なぜ、発酵の代わりに酢が使われたのか。それは、酢には殺菌効果や防腐作用があるためだ。お酢の主成分である酢酸には、強力な殺菌力があり、酢酸が多く含まれているお酢は細菌などの増殖を抑えるため、食品の防腐に効果があるのだ。

3. 酢には臭みを消す効果も

手巻き寿司に欠かせない具材といえば刺身だが、生魚の生臭さが気になる人も多いだろう。酢飯に使用されている酢は、そんな魚の生臭さを消してくれる効果がある。味や衛生面だけでなく、消臭という点においても、酢飯と生魚の相性は良いようだ。

結論

酢飯は、臭みを消す効果や、防腐の効果があるからこそ、古くから食べられ続けている。家庭でも、ひと手間かけて酢飯を作って食べれば、魚の美味しさを楽しむことができるだろう。

この記事もCheck!

  • 更新日:

    2018年10月13日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ