このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

チャーハンは『油』が命!いつものチャーハンがパラっとおいしくなる『油』の秘密[PR]

投稿者:株式会社J-オイルミルズ(PR)

2018年12月 4日

PR チャーハンは、みんなが大好きな料理のひとつ。家庭でも作る頻度の高いメニューだろう。チャーハンの『おいしさ』といえば、やはりパラパラとした食感、これに尽きる。ただし、このパラパラ、やってみると思いの外うまくいかないことも多い。そこで今回は、簡単にチャーハンがパラっと仕上がる極意を調査。すると意外なことに、『油』が鍵を握っていることが判明した。

1. おいしいチャーハンの秘訣は『油』にあり!

家で作るチャーハンと中華料理店で食べるチャーハンの決定的な違いは、その食感にある。
中華料理店で食べるチャーハンは、パラパラでありながら、ごはんはふっくらとしている。一方で、家で作るチャーハンは、ベチャっとなってしまう、パラパラではあるが水分が飛んでパサパサしてしまうなど、なかなか中華料理店のようなパラパラ&ふんわりに出来ない。

おいしいチャーハンの科学

では、中華料理店のチャーハンは、なぜパラパラ&ふんわりなのか。この話になると家庭は火力が弱いから、なんていうコメントが聞こえてきそうだが、実は火力はあまり関係しない。チャーハンのベースであるごはんは、デンプンを多く含む食物。デンプンはご存知の通り、加熱すると粘度が増す。すなわち、そのままの状態で炒めるだけでは、どうしてもごはん同士がくっつき、塊になってしまうのだ。

コーティングと乳化がポイント

パラパラ&ふんわりを目指すのに欠かすことが出来ない要素のひとつが、油でのコーティングだ。ごはんを一粒一粒、油でコーティングすると、あの中華料理店のようなパラパラのチャーハンに仕上がる。もうひとつの要素が乳化。ここで鍵となるのが、チャーハンの具材の代名詞、卵である。卵黄には、レシチンという脂肪酸が含まれている。この脂肪酸には、表面張力を弱めて、本来混ざることのない水と油を結びつける効果がある。これが乳化作用だ。この作用を利用することで、ごはんの表面にある水分と油が乳化し、油がごはんの表面にある水分と結びつく。そのため、更にふんわりとしてパラパラのチャーハンに仕上がるのだ。

2. チャーハンをおいしくするには、チャーハン専用の油が正解

前述の通り、コーティングと乳化のポイントを押さえれば、家庭でもお店に負けないチャーハンを作ることが出来る。ただ、理屈ではわかっていても、実際にパラパラのチャーハンを作るのはなかなか難しい。そこで(株)J-オイルミルズが開発したのが、「AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油」。どんな作り方でも、どんな具材でもパラっとおいしいチャーハンが出来る、頼れるチャーハン専用の油だ。

4種の香味油の香りと風味が決め手

この商品には、焼き豚・焦がし醤油・焦がしにんにく・ねぎの香味油をブレンドしている。この4種の香りが風味を大きく増す秘訣だ。更に、素材や食品、料理が持つ味・風味・コクを向上する効果のあるアラキドン酸をプラス。アラキドン酸は、体内では合成出来ない必須脂肪酸のひとつで、肉や魚、鶏卵などの食品や、赤ちゃんが初めて口にする母乳にも含まれている成分だ。このほか、「AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油」には乳化を助ける特長もあるので、たとえ卵なしでもあっても、ごはんの一粒一粒がコーティングされた、あのパラっとしたチャーハンを作ることが出来る。

3. 「香り立つパラっと炒飯油」による『炒め』と『仕上げ』の2ステップ

チャーハンをおいしくするために作られた「AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油」。その魅力は、『炒め』と『仕上げ』の2ステップで使用することで、最大限に発揮されるという。それぞれ、詳しく見ていこう。

ステップ1 『炒め』に

いつもの材料、いつもの作り方はそのままに、油を替えるだけでパラっとしたチャーハンになるというところが「AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油」のすごいところ。まずは、炒め油をこの炒飯油に替えてみてほしい。それだけで、いつもよりもパラっとおいしいチャーハンに仕上がる。おいしく作れるだけでなく、この炒飯油を使うとごはんがほぐれやすくなるので、いつもより作りやすく感じるかもしれない。

ステップ2 『仕上げ』にひとかけ

炒め油に使うだけでも、もちろんおいしいのだが、更なる高みを目指すなら、あえて仕上げにも「香り立つパラっと炒飯油」をひとかけ、プラスしてみてほしい。こうすることで、焼き豚・焦がし醤油・焦がしにんにく・ねぎ、4種の香りがふわっと香り、より奥深い味わいへと進化する。

結論

チャーハンのおいしさは、油によりごはんがコーティングされ、香りも豊かになることがポイントだとわかった。「AJINOMOTO 香り立つパラっと炒飯油」を使えば、いつもの材料、いつもの作り方で、香り立つプロ顔負けのチャーハンを作ることができるのだ。
これは、チャレンジしない手はない。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ