このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クリームコロッケは難しい!?初心者でも成功させる作り方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月19日

クリームコロッケは手の込んだ料理というイメージから、作ったことがないという人も多い。また、そもそも家庭での主菜としては物足りなさがあるのか、食べられる頻度もそれほど多くはないだろう。ここではクリームコロッケに使う食材の紹介と、手軽に作るコツについて紹介したい。

1. 【食材の選び方】クリームコロッケにはなにを使う?

クリームコロッケは、ホワイトソースに具材を加えて固め、衣で包んで揚げる料理だ。具材の定番はコーンやカニが代表的で、それぞれコーンクリームコロッケ、カニクリームコロッケというように、具材の名前を付けて呼ばれる。
この代表的なふたつのクリームコロッケのほかにも、具材を変えればアレンジの幅は広く、自分の好きな食材や冷蔵庫に余っている食材で対応できる。

コーンやカニなどの定番ではない、クリームコロッケに合う食材を見ていこう。
  • 肉や魚...鶏肉、ひき肉、白身魚、ツナ、えびなど
  • 野菜...白菜、キャベツ、玉ねぎ、じゃがいも、きのこ類など
このように、クリームコロッケの具材として使える食材はじつに幅広い。グラタンに使われるものであれば間違いなくクリームコロッケにも合うので、無理に材料をそろえなくとも、ぜひ冷蔵庫の残り食材で試してみよう。

2. クリームコロッケの作り方。下ごしらえは必要?

クリームコロッケを作る手順は、できたクリームに具材を混ぜるのではなく、具材を加熱してからそこにクリームの材料を入れて和えながらホワイトソースを作るのが正しい。ソースを作ってから具材を加えるよりも、先に具材を作ってからのほうがソースの量を調整しやすく無駄がない。

クリームソースにどんな食材を混ぜるのかによって、はじめにしておく下ごしらえの方法は異なる。たとえば、同じ野菜でもじゃがいもの場合は茹でるが、玉ねぎや葉物野菜は炒めて少量の水で煮るイメージだ。
魚介類や肉は臭みをとるために、下味を付けたり、調味してからクリームと和えるのが望ましい。クリームにも味が付いていたり、食べるときにソースをかけたりすれば味付けを濃くする必要はない。調味時に味をみて、美味しく食べられる味付けが理想的である。

また、クリームコロッケは、衣を付けて揚げるときに時間がかかってしまうと、焦げたり中身が溶け出て形が崩れることがある。そのため、ホワイトソースと合わせる具材は中まで十分に加熱しておくのが大切だ。あとから揚げるから大丈夫と思っていても、中まで火を通す前に焦げてしまう可能性がある。クリームコロッケを成功させるためには、下ごしらえが肝心といえるだろう。

3. 爆発しやすいクリームコロッケ!成功させるコツは?

クリームコロッケはどちらかといえば難しい料理だ。とくに、コロッケの成型をする工程で悩まされる人が多い。たしかに冷静に考えると、クリーム状のものに衣をつけるというだけでも難しそうではある。

このクリームコロッケの成型には、冷やすという工程が欠かせない。クリームにはバターが使われているが、冷蔵庫にバターを入れるとどうなるのか考えるとわかりやすい。バターは常温以下では固まる性質がある。つまり、クリームコロッケのクリーム部分にもバターが使われているため、冷やせば固まるのだ。もちろん、バター以外の材料も使用されているため、ガチガチに固まるというわけではない。ある程度の技術は必要である。

タネができたら、バットのような平らな容器に出して粗熱を取る。底の深い容器に入れるよりも、バットのようなものに広げたほうが熱を取りやすいためだ。冷蔵庫での保管は1時間ほどが望ましい。クリームコロッケを作るには時間も手間もかかるので、休みのときなど時間の確保ができるときに作るようにしよう。

冷蔵庫から取り出したら、バットからは取り出さず、スケッパーや包丁で切り分けていく。そしてひとつずつ手で丸めて形を作り、小麦粉、たまご、パン粉の順番で衣を付けよう。ゆっくりと作業をしたり、室温が高かったりすると、せっかくのタネがゆるくなってしまう。衣を付ける作業は手早く、スピード感が大切なので注意しよう。

結論

クリームコロッケは、下ごしらえをしっかり行うことと、手早く成型することが重要である。クリームコロッケを成型するためにはある程度の時間がかかるため、前もって予定を立てておくのがよい。ハードルが高いと思っていた料理を成功させたときは、大きな達成感を得られるはずである。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ