このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

焼き鳥をメインにした献立!焼き鳥に合う副菜やアレンジ料理とは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月28日

パリッとした鶏皮、そしてジューシーな鶏もも。焼くことで甘みが際立つ白ねぎを挟んだねぎまなど、焼き鳥は使う部位によってさまざまな味を楽しむことができる。夕飯のメイン料理にもぴったりだ。しかし、焼き鳥に合う献立とはいかなるものか、と頭を悩ませる人もいるだろう。そこで今回は、焼き鳥に合う副菜やスープのほか、焼き鳥のアレンジ料理を紹介していこう。ヘルシーで美味しい焼き鳥を自宅でもあますことなく味わってほしい。

1. 焼き鳥と一緒に食べたい副菜

焼き鳥といえば、甘辛いタレやさっぱりとした塩ダレだ。鶏肉そのものは、牛肉や豚肉と比べて比較的カロリーが低いといわれる食材だが、タレによってはこってりとした味付けに感じる人もいるだろう。そんな焼き鳥をメインにした献立では、副菜にあっさりとしたものを選ぶことがおすすめだ。ここでは、焼き鳥に合う副菜を和食と中華に分けて整理してみる。

・和食編

豆腐や、ほうれん草の胡麻和え、レタスサラダなど、油を使わない副菜はあっさりとしていて焼き鳥によく合う。また、きんぴらごぼうや小松菜と厚揚げの煮びたし、焼きナスなどひと手間かけた副菜もおすすめだ。

・アジアン料理編

焼き鳥には、中華や韓国の副菜もアジアンな雰囲気があってよいだろう。春雨の中華風酢の物や、ナムル、生春巻きなど、野菜をたっぷりとることができる副菜をチョイスしよう。

2. 焼き鳥に合うスープとは?

焼き鳥に合う副菜を数種類選んで作ったら、もう一品スープを足すとより豪華な食卓となるだろう。焼き鳥に合うスープとしては、和食のみそ汁はもちろん、中華風スープもおすすめだ。
たとえば、肉類を使わない「豆腐とえのきの中華スープ」。まず、2㎝ほどに切ったえのき、小口切りにしたねぎを2カップの鶏ガラスープと一緒に煮込む。沸騰したら、1.5㎝の角切りにした豆腐を加え、しょうゆと酢を小さじ2杯ずつ入れこしょうで味を調えよう。最後に、大さじ1杯の水で溶いた片栗粉を加え、とろみをつけたらできあがりだ。さらに、溶き卵を入れて卵スープのようにしても美味しいだろう。出汁に鶏ガラスープを使っているので、焼き鳥とも相性がよい。あっさりした数種類の副菜と、中華風スープがあれば、焼き鳥も夕飯の立派なメイン料理に変身するだろう。

3. 焼き鳥を使ったアレンジ料理

焼き鳥をメインにした食事が済んだあと、焼き鳥を作りすぎてしまった...ということがないだろうか。ここでは、焼き鳥を使ったアレンジ料理を紹介する。その代表格といえるのが「焼き鳥丼」だ。フライパンひとつで手軽にできて、食べごたえがあるのでぜひおすすめしたい。
あまった焼き鳥を串から外し、4㎝に切った白ねぎと一緒にフライパンで再度炒める。そのとき、市販のやきとりのタレを使って味付けしよう。白ねぎに火が通ったら、炊き立ての白ごはんのうえに豪快にのせ、刻み海苔、小ねぎ、ごまをふってできあがりだ。しっかりとした味わいで食べごたえのある「焼き鳥丼」は、焼き鳥があまったときのアレンジ料理としても、普段の昼食や夕食のメイン料理としても重宝するレシピである。育ちざかりの男の子なら、何杯でも食べられてしまうに違いない。

結論

酒のつまみとしてのイメージがある焼き鳥。副菜やスープなど献立を工夫することで、焼き鳥をメインとした立派な夕飯ができあがる。こってりとした味わいの焼き鳥には、野菜をふんだんに使ったサラダなどの副菜や、肉類を入れないスープがおすすめだ。焼き鳥があまってしまったときには、アレンジ料理の「焼き鳥丼」でみんなを驚かせよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ