このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子供に作る簡単昼ごはん。ママより美味しいって言わせたい!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 2日

ママの不在時にも手軽に作れて助かる、昼ごはんにピッタリの5レシピを紹介する。どの料理も子どもに人気があるメニューで、男の料理ではつい忘れがちな野菜も入っている。栄養面を心配するママでも安心できそうなラインナップだ。

1. 麺類

焼きそば

ソースの香りが食欲をそそる、老若男女に人気の焼きそば。冷蔵庫に少し残っているような材料でも作りやすい。
■材料(2人分)
焼きそば用蒸し麺 2玉
キャベツ 3枚
人参 1/2本
玉ねぎ 1/4個 
もやし 1/4袋
豚バラ肉 100g
サラダ油 大さじ1.5
焼きそばソース 大さじ3
(ウスターソースと醤油を3:1で合わせたものに、ケチャップ小さじ1/2を混ぜたものでも代用可。中濃ソースを使う場合は、ケチャップを小さじ1/3程にして調整する)   
■作り方
  • キャベツを一口大にちぎり、人参・玉ねぎは皮をむき薄切りにする。麺を電子レンジで軽く温め、ほぐしておく。
  • フライパンにサラダ油を熱し麺を炒める。油が回って香ばしい匂いがしてきたら取り出し、豚肉を焼く。肉の色が変わったら人参・キャベツ・玉ねぎ・もやしの順で炒め、野菜の上に蓋をするように麺を戻す。
  • 野菜が柔らかくなったら麺と混ぜ味を付ける。ソースを鍋肌から入れると、より香ばしく仕上がる。味見をし、適宜味を調整する。
■アレンジ方法
目玉焼きを乗せたり、肉の代わりにイカや海老を使っても美味しい。

ほうれん草とサーモンのクリームうどん

市販のホワイトソースと鮭フレークで作る、パスタ風の一皿だ。冷凍うどんを使えば、スパゲッティと違って麺の湯切りが不要な上、使う鍋が1つで済む。
■材料(2人分)
冷凍うどん 2玉
<A>
鮭フレーク 大さじ6
ホワイトソース 200g
牛乳 200ml
塩・こしょう 少々
ほうれん草 1/2束分
粉チーズ 適量
■作り方
  • ほうれん草を5cm幅に切り、うどんを解凍しておく。
  • 中火にかけたフライパンでを煮立たせ、1を合わせる。
  • 粉チーズで仕上げる。
■アレンジ方法
鮭フレークはツナにしても良い。魚が苦手な子供なら、ベーコンやウィンナーでのアレンジがおすすめだ。

2. ごはん物

焼肉丼

食べ盛りの男子でも満足できるであろう、スタミナ飯だ。味付けは市販のタレで簡単に。焼きそば同様、冷蔵庫に少し残っているような材料でも作りやすい。
■材料(2人分)
あたたかいご飯 2杯分
牛カルビ肉 約200g
玉ねぎ 小1個
キャベツ 2枚
人参 1/3本
ピーマン 1個
塩・こしょう 少々
焼肉のタレ 大さじ3
ごま油 大さじ1
■作り方
  • キャベツを一口大にちぎり、人参・玉ねぎ・ピーマンは薄切りにする。
  • フライパンに半量のごま油を熱し、1の野菜を中火で炒め軽く塩・こしょうをし取り出す。残りのごま油を熱し、肉を炒めタレで味付けする。
  • 丼にご飯をよそい、野菜と肉を盛り付ける。
■アレンジ
カルビ肉が無ければ、豚バラ肉や牛バラ肉など他の肉でも美味しく作ることができる。ひき肉を使ってそぼろ風にしても良い。小さな子供が食べる場合は辛味のあるタレは避けること。

炒飯

本格パラパラ炒飯のレシピだ。家庭のガスコンロでも上手く作れるコツが散りばめられている。
■材料(2人分)
温かいご飯 2杯分
卵 1個
チャーシュー 30g
白ネギ 1/2本
サラダ油 大さじ1
塩 ひとつまみ
醤油・みりん 各小さじ1
こしょう 少々
■作り方
  • チャーシュー・ネギはみじん切りにする。
  • サラダ油を熱したフライパンに溶き卵を入れ、ほぐしたところにご飯を加え木べらでまんべんなく広げていく。中火で1分程放置したら全体を合わせ、再度広げ30秒そのままにする。
  • 1を混ぜて塩・こしょうをし、さらに全体を合わせ弱火にする。1分程置いたら醤油とみりんを鍋肌から加え、もう一度全体を混ぜたら完成だ。
■アレンジ方法
サラダ油をラードにすると、より本格的なコクが出る。チャーシューをしらすに変えたカルシウムたっぷりの和風炒飯も捨てがたい。

3. サンドイッチ

手で食べることができるサンドイッチは、まだスプーンやフォークが上手に使えない子供でも食べられるメニューだ。火を通さない調理方法のため、他の料理よりも手指や使う器具の清潔さに気を使うこと。親子で一緒に作るのも楽しい。

ツナ・卵・ハムチーズのミックスサンド

■材料(8枚切り食パン6枚分)
パン 6枚
ゆで卵 1個
ツナ 1缶
ハム 2枚
スライスチーズ 2枚
きゅうり 1/4本
レタス 1枚
スライストマト 1枚
マーガリン 適量
マヨネーズ 大さじ1
<A>
醤油 少々
砂糖 少々
■作り方
  • きゅうりを斜め薄切りにする。野菜はよく洗いキッチンペーパーで余分な水気を取っておく。フォークを使ってゆで卵をつぶし、大さじ1/2のマヨネーズと<A>で味を付ける。残りの1/2のマヨネーズはツナと混ぜる。
  • 全ての食パンの片面にマーガリンを塗る。1/2に切ったハムを直線部分が外側になるように乗せ、レタスとチーズと一緒に2枚のパンで挟む。ツナはキュウリと、卵はトマトと一緒にパンで挟む。
  • ラップできつめに包み10分ほど馴染ませたら、好みでパンの耳を切り落とし、それぞれを半分にカットする。
■アレンジ
卵サンドとツナサンドは、味を付けないか極めて薄味にすれば、離乳食後期~完了期の子供でも挑戦できる。ツナはノンオイルタイプを使うことと、アレルギーがないことも条件だ。

結論

紹介しているレシピの分量は大人の2~4人分のため、適宜調整して作っていただきたい。もしも残った場合は、焼きそば・チャーハンなら冷凍可能なのを覚えておこう。念のため、アレルギーの有無をママに確認しておくことも忘れずに。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ