このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【3月17日】聖パトリックの日って何?パブがグリーンに染まるワケ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年3月17日

3月17日は“聖パトリックの日”である。これはアイルランドの祝日で、別名“緑の日”。あまり知られていないが、日本でもいろいろな場所で祝われる。どんな祝日で、どこへ行けばこの日を楽しめるのかをお伝えする。

1. 聖パトリックの日って、どんな祝日?

聖パトリックの命日

聖パトリックの日(St Patrick's Day)である3月17日は、アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日である。ウェールズの裕福な家庭に生まれた聖パトリックは、16歳の時に村を襲撃した海賊によりアイルランドに連行され、6年間奴隷として生活した。修道院に逃げ込んで12年間修行した後は、この世を去るまでキリスト教の布教のために活動し、アイルランド中に学校や教会などを建てた。聖パトリック以外にもアイルランドでキリスト教の布教活動を行なった聖人は存在するが、彼は改宗の象徴とされ、命日が祝日となった。

ミサやパレードに参加する

アイルランドで聖パトリックの日が祝日とされたのは1900年に入ってからだが、この日を祝うことは何百年も前からの伝統である。キリスト教において「父と子(キリスト)と聖霊が唯一の神である」という意味の"三位一体"を説く際、聖パトリックが三つ葉のクローバーによく似た"シャムロック"という草を手にしていたことからシャムロックは彼の象徴となり、聖パトリックの日にはシャムロックやシャムロックからデザインされたものを身につける習慣がある。ちなみに、シャムロックはアイルランドの国章である。当日は教会のミサに行ったり、大々的に行われるパレードに参加して楽しく過ごす人が多い。

2. なぜ、街が緑に染まるの?

アイルランドのカラーは緑!

聖パトリックの日が近づくと、アイルランドの街は緑に染まる。この理由は、緑がアイルランドのシンボルカラーだからである。緑豊かなアイルランドは、別名"エメラルドの島(Emerald Isle)"。アイルランドのどこでも見られる美しい自然の緑を国のカラーとしているのだ。近年日本でも盛り上がりを見せたラグビーアイルランド代表のユニフォームも緑、ロンドンオリンピックのアイルランド選手団も緑のジャージを着用していた。街中をアイルランドカラーに染めることで、国や伝統への敬意を示しているのだ。ちなみに、日本は外国からは赤や白をイメージされているが(恐らく国旗のイメージだろう)、国内では青という意見が多いようだ。

何が緑になるの?

聖パトリックの日には、アイルランドの至るところが緑一色となる。街中のどこに目をやっても緑ばかり、普段は緑ではないものまで緑に変わる。一体どんなものが緑になるのだろう?例えば、パレードに参加する人もしない人も、緑の服を着る。女性は緑をメイクに取り入れる。緑色の派手なハットをかぶる。川の水や噴水の水なども緑に染められる。そして面白いのがビールだ。アイルランドのビールは有名で、特に"ギネスビール"は世界中で人気の高いビールだ。そのビールさえも、聖パトリックの日には緑に染められるのだ。

3. アイルランド以外でも祝うの?

いろいろな国が緑になる!

アイルランド以外にも、聖パトリックの日を祝う国はある。ヨーロッパやアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどにはアイルランド系の移民が多く、アイルランドさながらの盛り上がりを見せる。シカゴでは川が緑色に染められ、ウィスコンシン州のニューロンドンは町名がニューダブリン(ダブリンはアイルランドの首都)に変わる。オーストラリアやカナダではパレードが開かれ、ロンドンではコンサートも行われる。アイルランド系移民が人口の15%以上を占めるニュージーランドでは、パブなどでイベントが開かれ、特別メニューでこの日を祝う。

日本でも参加できる!

「緑を身にまとって緑のビール!楽しそう!」と思ったのではないだろうか?聖パトリックの日は日本でも楽しく祝うことができる。例えば、2017年には代々木公園(東京)、千葉市、名古屋市、福井市、大阪市、高松市、福岡市、熊本市、沖縄市などでパレードやフェスティバルが行われた。また、代々木公園と表参道では、毎年3月に"アイラブアイルランド・フェスティバル"というイベントが行われている。イベントなどに参加しなくても、アイルランド系のパブ、通称"アイリッシュパブ"に行けば、緑のビールやアイリッシュ・ウイスキーなどを普段よりもお得に飲むことができる。気になる人はイベント情報をチェックしよう!

結論

聖パトリックの日は伝統あるキリスト教の祝日だが、欧米諸国らしく祝い方は非常に盛大。緑を身にまとった国民が演奏し、踊り、歌い、緑色のビールを飲んで大盛り上がりを見せる。いつか穏やかで陽気なアイルランド人に混じり、緑のビールを片手に聖パトリックの日を楽しんでみたいものである。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ