このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

盛り付けでおしゃれに!ローストビーフを美味しく見せる極意とは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月12日

おしゃれな肉料理の代名詞ともいえるのが、ローストビーフだ。こんがり焼けた表面と、鮮やかな断面の赤色が、ローストビーフをより一層美味しく見せる。せっかく美味しくできたローストビーフは、盛り付けにもこだわりたいもの。今回は、ローストビーフをおしゃれに、かつ美味しそうに見せる盛り付け方について紹介したい。

1. ローストビーフはどんな皿に盛り付けるのがベストなのか

ローストビーフの盛り付けのポイントは、いかに肉をジューシーに見せるか。きれいに盛り付けるには、土台となる皿も慎重に選びたいものだ。ローストビーフの盛り付けに適している皿とは、どのようなものなのだろうか。

白系のシンプルな皿を使うのがおすすめ

ローストビーフは、皿いっぱいに盛り付けることが多い。そのため、絵や柄にこだわった皿を使用してしまうと、皿の特徴をアピールすることができない。ローストビーフ自体にしっかり注目してもらうためにも、皿は白系統のシンプルなものを使うのがベスト。肉の赤さと皿の白さがきれいにマッチして、見ためにも美しくなる。

カッティングボードを使うのもアリ

カッティングボードもローストビーフの盛り付けにおすすめ。大人数で食べるときには大きめのシンプルな皿を、少人数で味わう場合にもカッティングボードを使うなどして、シーン別で変えてみるのもいいだろう。カッティングボードへ盛り付ける場合は、カットした肉と一緒に肉のかたまりを添えておくと、おしゃれな盛り付けに見える。

2. ローストビーフを盛り付けるときのコツとは

ローストビーフを盛り付けるコツは、ずばり、厚みをもたせて盛り付けること。肉を分厚くカットするだけではなく、薄くスライスしたときにも全体に厚みをもたせると、肉の質感を生かして盛り付けることができる。

きれいに盛り付けるコツは、刺身の柵を切るときと同じように、繊維を断つようにカットすること。肉の繊維がきれいに断たれるので、肉っぽさを際立たせることができる。

1~2cmほどの厚みをもたせてカットした場合のコツは、扇型になるように、少しずつずらして盛り付けるのがおすすめ。1cm以下で薄くカットした場合は、1枚を半分に折りたたんでから同じ要領で並べていくと、厚みをキープしたまま盛り付けることができる。

3. ローストビーフをおしゃれに見せる盛り付け方

パーティーメニューとしても大活躍の、ローストビーフ。ゲストのテンションをアップさせるためにも、ローストビーフはおしゃれに盛り付けたいものだ。簡単にできるおしゃれな盛り付け方をマスターして、ゲストたちを驚かせてみよう。

バラの花をモチーフにした華やかな盛り付け

薄めにカットしたローストビーフは、自由に形態を変えることができるので、意外と簡単におしゃれな盛り付けをすることができる。ローストビーフのおしゃれな盛り付け方の代表例ともいえるのが、ローストビーフをバラの花に見立てて盛り付ける方法。方法はとても簡単で、丸めたローストビーフを中心に置き、そこから花びらが広がるように重ねていくだけだ。まわりにレタスやトマトを飾れば、手間暇かけたような盛り付けをすることができる。

くるっと巻いてスティック状に並べる

筒状になるようくるっと巻けば、ローストビーフをスティックのような状態で盛り付けることができる。ピラミッド型に並べるもよし、円形に並べるもよしなので、シーンに合わせて盛り付けられるのも、スティック状にするメリットだ。見ためにもスタイリッシュでおしゃれなので、来客時などに試してみてほしい。

結論

友人を集めてのパーティーや家族が集まるときにも、じつは1年を通して主役級の活躍をしてくれるローストビーフ。味だけでなく、見ためにもこだわるには、盛り付けのポイントをおさえることが重要である。突然のパーティーにも対応できるように、みんなをアッと驚かせるためにも、いまのうちにローストビーフの盛り付けをマスターしておいてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ